かもしか通信

院長日記

木曜会7月例会 & S一up     


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医 鴨居歯科医院
鴨居インブラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

7月23日‘大暑’ この日は暑さが絶頂期に達すると言われていますが、朝からその兆しが見られ、日中はグングンと温度が上がりました。しかし信州の良さでしょう。夕方になると、かなり暑さも和らぎ過ごし易い状況になりました。

木曜会7月例会が定刻に松本歯科医師会館で開催され、暑さも忘れあつい話に熱中しました。

まず、飯島先生による、40年間の臨床を「X-rayから観察する臨床例」として多く出されました。
飯島先生の開業当時はどの先生もかなり患者さんが多く、‘3時間待ちの3分治療’という状態の中でした。
しかし先生は最初からアポイント制・リコ-ル制を導入し、当時から今までも一日24名位の患者さんを診療し、最高は開業当初にお正月の緊急医を担当した時に来院された36名が最大だったと、笑いながらお話されました。
40年に渡る臨床例の中から、30年を超す経過観察をしている症例をいくつか見せていただきましたが、先生の人柄そのもので真剣に治療に取り組み、患者さんの為に一番よい方法を選択して信頼関係を築き、長いリコ-ルに応じている症例を聴きながら若い先生方から感嘆の感想が聞かれました。
いかにドキュメンテ-ションが大切か改めて考えさせられました。これからの経過報告も大変興味があります。50年60年と経過を追っていって頂きたいと思います。また、最近インプラントを応用して全顎治療された治療例も示されました。まだまだ現役としてバリバリやっていけるという確信も得ました。勉強になりました。ありがとうございます。

轟先生からは若手の先生らしく、新しい技術・材料を用いて前向きに取り組んでいる現況を症例を通して発表されました。
お父さんと一緒に診療しながら、おとうさんとの長いお付き合いのある患者さんから、信頼を得るのは大変難しいと思いますが、それを如何に認めさせるかという努力をしている姿は素晴らしいです。
最新の知識・技術・材料を駆使し、過去の経験したことのない義歯のフィット感、咬み合わせ、咬み心地の良さを体験させて、父親から移行しても良いと認められた症例は感動的でした。
更に数多く出回っているインプラントの中で、骨の状態が良くない条件のもとで工夫して埋入し機能させている症例報告も大変参考になりました。積極的に実行する行動力には会員の皆さん一同刺激を受けました。今後の活躍が楽しみです。

木村先生がインプラント学会で発表する症例の事前発表がありました。発表時間内にどのような表現で行うか興味がありましたが、見事な症例報告で最良の結果が得られていますので、良い発表結果評価が得られることと思います。

それぞれの先生方の真摯な歯科医療の取り組み方に大きな拍手が起こりました。さすが木曜会メンバ-だと誇りに思い、今後の診療の糧にしようという刺激を受けました3先生、本当にありがとうございました。

7月24日朝からS-up委員会が開かれました。今回は「ホームペ-ジの改善」ということで、まず集合写真を撮りました。

更にスタッフ紹介の欄に、他のスタッフからのコメントを載せることになり、それぞれのスタッフの特徴、良い点を指摘し合っていました。じつにスタッフ同志でお互いに良く観察しているものだと感心させられました。更新したらスタッフ欄を是非見て下さい。実に楽しいです。

鴨居歯科医院のホ-ムペ-ジの内容の改善・修正に対する意見交換もされ、良いアイデアが沢山出てきました。これからその意見を取り入れて更にホ-ムペ-ジに訪れた皆さんが興味をもって楽しく判り易くして歯科治療に対する興味を抱いてもらいたいと思います。

健康であるためには歯の大切さ‘生きる力を支える歯科医療’をしっかり理解して頂き、幸せな生活を営めるようなお手伝いができればと思っています。スタッフの皆さんの素晴らしいアイデア・実行力に感謝します。ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝