矯正歯科

歯並びが気になる方へ

矯正歯科とは

きれいな歯並びは、清潔感や好印象を与えるだけではなく、お口や体全体の健康にも深く係っています。歯並びを良くするには、歯を削って上からさし歯やブリッジをかぶせたり、貼り付けたり(ラミネートベニア法)する方法などがあります。矯正治療は、歯を削ってかぶせ物をする治療に比べ期間はかかりますが、健康な歯を削らずに歯並びを治すことができます。お口の中に装置を入れ、歯に一定の力を持続的にかけて人工的に動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治すのが矯正治療です。当院では矯正専門医がそれぞれの患者さんに最も適した治療を提供しています。

床矯正についてのご案内

歯を抜かないやさしい矯正治療「床矯正」
床矯正1

あごを本来の大きさに拡げて歯を並べる矯正方法が床矯正です。床装置という入れ歯のような装置を固定源にして、あごを拡げて、歯並びをきれいにし、咬み合わせを整えていく矯正治療です。

取り外しできる床矯正装置
床矯正2

床矯正装置は入れ歯と同じプラスチックのプレートで成り立ち、その内部にスクリューやスプリングがついた構造になっています。このスクリューを回すことでプレートが変化し、その負荷がゆっくりとあごを拡げ、歯がそこに並んでくるのです。 あごを拡げるというと、顔が大きくなってしまうのでは・・と心配されるかもしれません。正確には歯を支えている骨を正しい位置に改善するということなのです。

一般的には、女の子が14歳、男の子はそれより長い17歳まであごが成長していきます。床矯正では、あごの成長が止まるまでに問題を解消することが重要になってきます。床矯正にとって、あごの成長は矯正治療を行うための大切な要素だからです。そのために出来るだけ低年齢のうちに床矯正を始められることをお勧めいたします。(床矯正は5歳くらいから治療を始めることが可能です。)

床矯正治療の利点
  • 歯を抜かない
  • 痛みがほとんどない
  • 食事時は取り外すことができる
  • 歯ブラシが普通にできる
  • 高価な貴金属を使用しないため、治療費が安価
床矯正治療の欠点
  • 患者さんとご家族の治療に対する協力が必要
  • 装置を紛失したり、壊す可能性がある
  • 装置を装着しないと治療が進まない (1日の12時間以上の装着が必要)
床矯正の初診時の費用(税抜)
問診・治療計画
(歯型作成・レントゲン撮影
・写真撮影など)
30,000円
矯正装置製作
(取り外し式 1装置)
60,000円
メインテナンス
(問診・装置の調整)
毎月3,000円

矯正治療の流れ

1 初診・相談

気になる事や不安な事、何でもご相談ください。

2 資料採り

治療方針を決めるために、写真、レントゲン、お口の型などをとります。

3 診断

資料をもとに、治療方針を患者様と相談の上決定します。

4 治療開始

矯正治療は開始時期により、一期治療(乳歯列期~混合歯列期)と二期治療(永久歯列期)に分かれます。一期治療では主に、上下の顎のバランスを整えたり、永久歯のはえるスペースを確保します。二期治療では主に歯並びを整える治療を行います。だいたい月一回の来院で、個人差はありますが2~3年ほどかかります。矯正装置には目立ちにくいタイプもあります。

5 動的治療終了・保定開始

矯正装置で歯並びを整えた後、元に戻らないよう一定期間とどめておく必要があります。その期間を保定期間といいます。保定期間には取り外し式、または裏にくっつけるタイプの簡単な装置がお口の中に入ります。

6 保定終了

料金につきましては自費料金表をご覧下さい。部分矯正も行っておりますのでご相談下さい。詳しい内容につきましては御気軽にスタッフまでお聞き下さい。

料金表はこちら

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝