かもしか通信

スタッフ日記

8020


みなさんこんにちは。
長野県塩尻市の鴨居歯科医院・鴨居インプラント審美サロン 歯科医師の渡辺 正哉です。

みなさんは、「8020」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか!?

歯科界で言う「8020」とは、「8020運動」の略で、

満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことです。

20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされているそうです。

つまり、多くの歯がある人ほど長生きをし、健康的な生活を送れるわけですね(余談:「100歳、100歳」で有名だったきんさん、ぎんさんは総入れ歯だったそうです)。

当院に来院される多くの患者さんも「歯を失って歯の大切さが分かる」と話してくれます。

病気になって、普段当たり前の「健康」のありがたみが分かるのと同じですね。

では、実際日本人で「8020」を達成されている人は、どの位いるのでしょうか!?

2005年度の統計ですが、

80歳での平均残存歯数は約10本

80~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%

つまり5人に1人しか「8020」を達成できていないことが分かります。

歯を失う大きな原因は、むし歯と歯周病が約9割を占めています。

逆を言えば、むし歯予防・歯周病予防を行っていけば多くの方が「8020」を達成できると思います。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝