かもしか通信

院長日記

D.I.O.R研修を終了


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医 鴨居歯科医院・インプラントセンタ-
院長の鴨居弘樹です。

3月15日(土)16日(日)は、すっかり春の暖かさが感じられる東京渋谷において、3か月に渡る D.I.O.R.研修の最終受講をして来ました。
今回もいろいろ学ぶところが多く、改めて歯科医療に携わるには生涯研修が必要であると感じました。

「システムを超えたインプラントのトレンド」のテ-マで開催された意図を充分に取り入れた内容は、参加した先生方全員が満足感を覚え、明日からの臨床に直結するヒントを沢山得られたことと思います。

D.I.O.R.を企画した、椎見先生・武田先生に改めて敬意を表します。日頃多用な臨床医であり、多くの患者さんの要望に応えながら、体験されてきたインプラントのノウハウを惜しみなく提供し、休日も返上して後進の指導をしている姿は誠に立派で、こうした先生方が今後の歯科界のリ-ダ-として大いに活躍してもらいたいものです。

両先生のスタッフの皆さんもそれぞれ良く学習しており、また友人関係にある矢島教授、福田教授のサポ-トも受けて、基礎的知識・技術の知見を示して頂いたのも大変有意義でした。

今回も、ケースプレゼンテーションされた症例を参加者全員で検討し、治療計画を考えディスカッションするというスタイルの座学は面白く、一人一人の違った考え方・見方によって、現状把握から将来計画に大いなる差があることも判りました。

「インプラント手術における全身管理と神経障害への対応」とのテ-マでの、福田謙一東京歯科大学歯科麻酔科准教授のお話は判り易く、麻酔の認識を改めさせられました。正しい知識を身につけないと、麻酔の有効性が活かされないことも判りました。

今回、私もケ-スプレゼンテ-ションをさせて頂き、鴨居歯科医院での取り組みと症例を提示し、講師の先生方から貴重なアドバイスも頂くことができ、良い経験をさせて頂き、感謝しています。

今後もフォロ-アップセミナ-も開催して頂けるとのこと、大いに期待したいと思っています。インプラント治療の進歩変化は著しく日々変わっていくといっても過言でないくらいの世界で、多くの情報網を持っておられる椎見先生、武田先生から、最新の知見が得られることはトレンドに乗り遅れることなく、臨床に携われることになります。

両先生の益々のご活躍とアシストして頂いた先生方の更なる躍進を祈念しています。3か月に渡る貴重な体験をさせて頂き、感謝しております。
参加同期の先生方の活躍も期待しています。
ありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝