かもしか通信

院長日記

報告会


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医 鴨居歯科医院・インプラントセンタ-
院長の鴨居弘樹です。

“秋の日は釣瓶落とし”と言われるように日の入りがどんどん早くなり、日の出が遅くなっています。24節季の一つ“霜降”は今年は10月24日ですが、すでに信州では霜は降りて、北アルプスは雪が朝日を浴びて澄んだ青空にきれいに見えます。実りの秋を楽しみ、近づく冬の足音を聞きながら、気温の変化に気をつけて冬に備えて体力をつけておきたいと思っています。

鴨居歯科医院の学習会は毎朝8時から40分間あり、それぞれの職種別にも週一回有ります。そして、毎週火曜日は9時から10時30分の1時間半、全体で学習します。この時間を“S-upミ-ティング“と呼んでいます。この名前の由来は、鴨居歯科医院の目標として「患者さんが感動する診療」を第一に掲げ、そのためには“8S-up運動の実践”をしようと意志統一をしています。8Sとは「整理・整頓・清掃・躾・サ-ビス・スマイル・スピ-ド・シンプル」の頭文字を取っての言葉です。この8Sを向上させようと8S-upとしました。日々この事柄を意識しながらスタッフ全員が仕事に就いています。

始めた時は1時間半は長いのではないかと思えましたが、最近は短く感じもっと多くの時間が必要だと感じていますが、やはりミ-テイング時間のMaxは90分が原則ではないかと思い、いかにこの時間を有効に使うかがこれからの改善点です。

先週今週と研修を受けての報告会をしました。
先週は“Ye歯科”を見学してそこで見聞した事、鴨居歯科医院に取り入れる点などの参加者全員の発表でした。
今週は先週土曜日日曜日の講習会に参加したメンバ-により、“歯科の予防・ヘルスケア”の報告を聞いていて、それぞれの視点で一つの物事・話を見聞しても捉え方が異なりすごく参考になります。
発表者にとっても短時間で感じた事、提案を述べるのは大変かもしれませんが、多くの人の前で話をする表現する訓練は良い体験に成ると思っています。

毎日の朝礼のスピ-チからS―upミーティングでの報告発表で、それぞれのスタッフの皆さんがどんどん向上している姿をみると、時間を忘れて聞き入り90分の時間がアッという間に過ぎ充実感を覚えます。そして元気を頂けます。

1日の中で鴨居歯科医院で過ごす時間が一番長いスタッフの皆さんが、充実した時であると思い、仕事の中から患者さんの会話から仲間の付き合いから、それぞれ成長していく姿をみて素晴らしい職場であることを誇りに思っています。

これからも益々お互いに幸せな時間を過ごせる環境にしていき、笑顔の絶えない医院づくりに改善努力します。

協力的な良きスタッフとの出会いに感謝しています。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝