かもしか通信

スタッフ日記

松尾 芭蕉


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市鴨居歯科医院・インプラントセンターの
歯科技工士・清水由香里です。

かの有名な松尾芭蕉は沢山の作品を残していますが、その中に歯に関する句がありましたので、紹介したいと思います。

『結びより はや歯にひびく 泉かな』
結びとは、手にすくって水を飲むことで、泉の冷水をすくって口に入れたら、とたんに歯がしみてしまい、自分も歳をとったなと感じた様子を詠んでいます。

『衰えや 歯に食いあてし 海苔の砂』
海苔についている砂を噛んでしまい、歯に痛みを感じ体力が衰えたものだと嘆いています。むし歯や歯周病などで、悩んでいた様子が伺えます。

松尾芭蕉は、江戸時代前期の俳人だそうですが、歯の悩みや痛みは今と変わらないのですね。美味しいものも食べられなかったのではないでしょうか。
彼のような思いをしないためにも、みなさんも、歯のお手入れをお忘れなく・・・

今は、もし歯を失ってしまったとしても、インプラントという治療法があります。何か気になることがありましたら、遠慮なく鴨居歯科医院にお越しください。
お待ちしています。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝