かもしか通信

スタッフ日記

ヘルシーなアブラのとり方


みなさん こんにちは
長野県塩尻市の鴨居歯科医院・インプラントセンターの
デンタルマネジャーの山田公子です。
                           
ヘルシーなアブラのとり方
   どうしたら健康的にアブラをとることができるのだろう?
   おそらく多くの人がアブラのとり過ぎには気をつけている
   はず。それでも、資質のとり過ぎが問題となる。
   原因として大きいのは、<見えないアブラ>である。
   炒め物に使う植物油やバターといった目に見えるアブラより
   肉類や、豆類、乳製品に含まれる見えないアブラのほうが
   食生活ではより大きな比重を占めている。
   国民栄養調査によれば、日本人が平均してとっているう
   ち、見えるアブラが30%、見えないアブラが70%。
   したがって、見えないアブラに注意するだてで、資質の
   とり過ぎを避けることができる。
   たとえば、とんかつの肉をひと回り小さくし、野菜を
   増やす。揚げたスナック菓子を食べ過ぎないようにする。
   この程度のことでも十分効果はあるはず。
   なお、植物油ならヘルシーという考え方は間違い。
   同じアブラでも、動物性脂肪、植物油、魚油のバランスを、
   4:5:1にする。などです。
   先日、とんかつの肉をひれ肉にして、よかったぁー。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝