かもしか通信

院長日記

初日の出


みなさん 新年明けましておめでとう御座います!!
長野県塩尻市の歯科医 鴨居歯科医院・インプラントセンター
院長の鴨居弘樹です。

元旦の午前0時に除夜の鐘を聴き108の煩悩を清めながら、例年の如く家族で近所の大門神社に出かけました。今年も多くの人がそれぞれの願いを込めて手を合わせていました。
二礼二拍手一礼をし「今年も更なる向上、前進をするぞ!」と誓いをしました。

いったん家に帰り一眠りして6時に起きて再度支度をしてメイルのチェックをして家を出ます。およそ15分歩くと鴨居家の墓地があり墓参りをします。元旦は特に丁度「初日の出」が見られるように時間を合わせて家を出ます。
墓参りはほとんど毎日行い近くの遊歩道をウォーキングして帰るのが日常としていますが、冬の間は日の出前にしてしまうので元旦は少し時間を遅くします。

歩きながら仰ぐと赤く染まった空が黄色く変わり、黄色から白い色になり青く澄んだ空になります。墓前に手を合わせ昨年一年の無事に感謝し、今年もしっかり活動すると誓い終わると7時18分山の稜線から金輪が後光を射すように太陽が姿を現します。初日の出のこの瞬間は何とも言いがたい厳かな想いがします。

不遜な言い方ですが「太陽は私の友達だ!」と常に思い言っていますが、太陽を見ると元気で明るく世を照らしエネルギーを与え続けている姿に少しでもあやかりたいと思っています。

今年も元旦早々素晴らしいパワーを頂き「一年の計は元旦にあり」と言われていますが、やる気・本気・元気が得られ、魅力・迫力・実力をつける気力が生まれ感謝の気持ちが満ちました。「浩然の気」を得て更なる発展が出来る年だと確信しました。

みなさんも一年ずっと強い目標と目的を持って、猪の如く突進していきましょう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝