かもしか通信


みなさんこんにちは。
長野県塩尻市鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの菊池ひとみです。

真夏日が続いていますね。
本日も30度を超える暑さになり、外での作業で熱中症になりかけました。こまめな水分補給が大切ですね。

さて、そんな暑い日の水分補給はどのようなものでしますか?
冷たいお水、お茶のほかに、スポーツドリンク、炭酸水なども美味しいですよね。
しかし、コーラなどの炭酸水やスポーツドリンクは、酸性が強いので
飲み過ぎには注意が必要です。

酸性の強い飲料は、果汁やお酢などもあります。
酸は、歯のエナメル質を溶かすことがわかっています。
エナメル質が溶けると、歯が欠けたり、色が黄ばんだり、知覚過敏などのリスクが高くなります。これを酸蝕歯(さんしょくし)と言います。

酸蝕歯になるから酸性の強い飲料、食品を摂取するなというわけではありません。
だらだら飲んだり食べたりすることをやめ、長時間歯を酸にさらさない。飲食後に水や、お茶などで口をゆすぐ、ストローを使うなどの工夫をすれば、かなりリスクを軽減することができます。

暑さに負けない体作りのため、規則正しい食生活と、毎日の歯磨きで酸蝕歯を予防し、健やかな体とお口を作りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝