かもしか通信

スタッフ日記

歯磨きのイメージ


①皆さんこんにちは
長野県塩尻市にある
鴨居歯科医院審美サロン
歯科医師の田中です今年も宜しくお願いします。

皆さん、歯磨きのイメージは?と聞かれてどう頭に浮かびますか?

間違ったイメージとしては歯をピカピカに磨き上げるツルツルピカピカなイメージです。

光沢に輝くツルツル美しい歯にするためにはこのイメージは間違っていないですが、むし歯や歯周病対策として、もしこのイメージで磨いているのならば、それは少しズレているかもしれません。

なぜならば、むし歯や歯周病の対策で、歯磨きで行えることとしては、歯にへばりついた塊になった口腔内の細菌の数を減らすことだからです。

歯を溶かすむし歯菌や歯茎を腫らし骨を溶かす歯周病菌は、歯の表面にはほとんど存在しません。

皆さんむし歯はどこにできますか?歯の溝や、歯と歯の間、歯と歯茎の間ですよね。

歯磨きでもし、むし歯の好発部位であるこの部位が清掃できていなければ、むし歯対策で歯磨きしている意味はありませんよね?

もちろん、エチケットとして食後に口臭予防として洗口液や歯磨剤を使用してなど、歯磨きは意味があるかもしれません。

そしてもう一つ重要なことがあります。それは歯磨きによって歯の表面を傷つけたり、歯茎を傷つけて、歯肉退縮、冷水痛、歯が削れてしまっている方が意外にも多いことです。歯のために行っている毎日の歯磨きが、逆に歯にとって残念なことになっているのです。

磨くべき部位を磨かず(磨くという言葉自体本来は合わなく、細菌であるプラークを落とすというイメージであるべき)、歯を削ってしまっては元も子もありません。

磨けているか、いないか、それはなかなか自分ではわからないものです。もちろん対策や、あなたにあった口腔ケアの方法は色々ありますが、不安な方は、歯科医師、歯科衛生士にお聞き下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝