かもしか通信

スタッフ日記

総入れ歯の種類


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの菊池ひとみです。

朝、車の窓が凍っている日が多くなり、冬になったことを実感している今日この頃です。皆さん温かい美味しいものを召しあっがて、風邪などひかないようお過ごしくださいね。

さて、今回もe-ha Booksから得たことを共有していきたいと思います。
私の前回のブログに引き続き、欠損歯の治療法をお伝えしていこうと思います。
前回は部分入れ歯についてご紹介させていただきましたが、今回は総入れ歯の種類をご紹介します。

総入れ歯とは、字の通りすべての歯の欠損を補います。上顎用と下顎用があります。
歯肉に接する部分が、レジンというプラスチックのものとコバルトクロムなどの金属のものがあります。
それぞれの特徴をご紹介します。

まず、レジンのもののメリットは、保険適用で安価なこと、色が目立ちにくいことなどです。
デメリットは、プラスチックなので汚れや傷がつきやすい、強度を持たせるために厚みが必要なため、異物感が大きいことなどです。
もう一つの金属のもののメリットは、薄くても丈夫に作れるため、違和感を感じにくい、食事の温度が伝わりやすく、食事を美味しく感じやすいことなどです。
デメリットは、保険外なので費用がかかる、色が目立ちやすいなどです。
それぞれのメリットデメリットをよく知った上で、ご自身に合ったものをお選びください。
スタッフが親身にご相談に乗らせていただきます。お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝