かもしか通信

スタッフ日記

パジャマの重要性


みなさんこんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの田崎綾佳です。

皆さんは毎日ベットに入るとき、パジャマを着ていますか?

最近はパジャマを着る人というのが若い人を中心に少なくなっているそうです。
スエットにジャージや部屋着のままで寝てしまうなんていう人も中にはいらっしゃるかもしれません。
今日はパジャマの重要性について皆さんにご紹介します。

私自身、あまり寝つきが良くない日や、季節によっては寒かったり暑かったりして目が覚めてしまう時期というのもありましたので、色々と調べてみました。

寝るときにパジャマを着る利点は主に2つあります。

1つはゆったりしていて体を動かしやすく、寝返りがうちやすいという点。パジャマは他の部屋着などに比べてゆったりしているので、締め付けられることがありません。体が締め付けられないことで、体の血流が止められることもなく深い眠りにつくことができます。

もう1つは吸水性や耐熱性。
パジャマは綿やシルクなどの素材で作られていることが一般的ですが、綿は吸水性が良いため汗を吸って熱気を外に逃がしてくれますし、シルクは外気によって温度を調節もしてくれます。暑かったり寒かったりで目が覚めにくいことで質の良い睡眠がとれるようです。

私も実際にパジャマを着て寝てみていますが、やはり睡眠が普段よりも深くなっているような気がしました。
また、部屋着とパジャマをきちんと分けて着替えることで「よし寝るぞ」という頭の切り替えにもなり、眠りにも入りやすくなりました。

社会人にとって質の良い睡眠は生活には欠かせないものだと思います。
寝不足で仕事をすると効率も悪くはかどりません。
もし皆さんの中でパジャマを着て寝ていないという方がいらっしゃいましたら、ぜひパジャマの安眠効果を実感していただいて、一日のリセットに役立てて頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝