かもしか通信

スタッフ日記

青梅ジュース☆


  皆さんこんにちは!
   鴨居歯科医院鴨居インプラント審美サロン
        歯科衛生士の武居 真弓です。

今日は少し肌寒く感じる日でしたが、体調はいかがでしょうか?

私はこの時期、梅ジュースが飲みたい時期です♪

さっぱりしていて、飲みやすくって♪すっきりした感じがGOODです♪
何気なく飲んでますが、この機会に調べてみました。

青梅の効能

① 疲労回復に良い。
梅にはクエン酸、りんご酸、琥珀酸など有機酸がたくさん含有されている。その中でもクエン酸が特に豊富に含まれているクエン酸は私たちの体の疲労物質である乳酸を分解させて体の外に排出させる作用をする。 疲労物質である乳酸が体内に蓄積するようになれば肩凝り、 頭痛, 腰痛などの症状が出る。このような時に梅が非常に良い。 梅を長く飲めばめったに疲れを感じることなく体調がよくなる。

② 体質改善に効果がある。
肉類とインスタント食品をたくさん取れば体質は酸性に傾いて頭痛, めまい、 不眠症, 疲れなどの症状がよく現われる。 梅を長く飲むと体質が酸性に成らないようにして弱アルカリ性で維持することができる。

③ 肝臓を保護して肝機能を促す。
体に入って来た毒性物質を解毒する器官は肝臓だ。 梅には肝機能を上昇させるピルブサンという成分がある。 またお酒を飲んだ後梅の濃縮液を水に薄めて飲めば、翌朝体がすっきりする。

④ 解毒作用がすぐれる。
梅にはピクリン酸という成分が微量入っているので毒性物質を分解する役割をする。 したがって食中毒、 腹痛など食べ物による疾病を予防治療するのに効果的だ。 また梅には癌を予防治療するのに役に立つ各種ビタミンと無機質がとても豊富に入っている。

⑤ 消化不良, 胃腸障害をなくす。
梅の酸味は消化器官に影響を与えて胃腸、 十二指腸などで消化液を出すようにする。 また梅汁は胃液の分泌を促進して正常化させる作用があり胃酸過多の消化不良にすべて効果を見せる。

⑥ 慢性便秘をなくす。
梅の中には強い解毒作用と殺菌効果があるカテキン酸が入っている。 カテキン酸は腸の中に住んでいる悪い菌の繁殖を抑制して腸内の殺菌性を高めて腸の炎症と異常発酵を防ぐ。

⑦ 皮膚の美容に良い。
梅を長く飲むと、肌が弾力あってしっとりすることを感じる。 梅の中に入っている各種成分が新陳代謝を促してくれるからだ。各種有機酸とビタミンが血液循環を手伝って肌に良い作用をする。

⑧ 熱を下げて炎症をなくしてくれる。
梅には痛症をやわらげてくれる効果がある。 膿みや怪我をした部位に梅濃縮液を塗ったり湿布をすれば痛みも消えて早く治る。 遊んで怪我をして帰って来た子供に梅濃縮液1、2滴付けると他の薬が必要ない位だ.。 風邪によって熱が出る時も良い。

⑨ カルシウムの吸収率を高める。
梅食品は妊婦と閉経期女性に非常に効果がある。 梅の中に入っているカルシウムの量はぶどうの 2倍、 メロンの 4倍になる。 体液の性質が酸性に傾けば人体はそれを中和させようと思うのでこの時カルシウムが必要だ。 カルシウムは腸で吸収されにくい性質があるがクエン酸と結合すれば吸収率が高くなる。

⑩ 力強い殺菌, 殺虫作用がある。
食べ物を通じて胃に入って来た有害菌は胃の中の塩酸によって大部分減るが胃の活動が円滑ではない場合は生きたまま腸まで下がる。小腸は弱アルカリ性で殺菌効果がほとんどない。 この時発生するのが腹痛, 下痢, 食中毒だ。 しかし梅濃縮液を飲めば腸内が一時的に酸性化されて有害菌が生き残ることができない。 また梅濃縮液は異質菌、 腸チフス菌、 大腸菌の発育を抑制して腸炎ビブリオ菌にも抗菌作用をすることと知られている。 伝染病が流行したときや戦地で梅が有用に使われたこともこのような殺菌効果のため。

夏、本番前に梅の自然パワーの力をいただいて、体調は万全に準備しておきましょうね♪

最後までお読みいただき
  ありがとうございました☆☆☆

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝