かもしか通信

スタッフ日記

夏に気をつけたいこと


みなさんこんにちは。鴨居歯科医院鴨居インプラント審美サロン、デンタルマネージャーの久保田華です。

きょうは気が付かないうちに、夏にやってしまう健康に悪いこと3つをご紹介します。

1つ目は薄着です。
夏は暑いから薄着になるのは当たり前ですが、冷房が効いた場所で薄着でいると身体が冷えて、夏なのに冷え性になってしまうんです。
冷え性になれば、手足の末端が冷えてしまいますし、血液の流れも悪くなりますので、肩こりや倦怠感などの原因になります。
夏でも冷房があるところで過ごす場合は、薄手のカーディガンやストールなどを用意して、身体を冷やさないようにしましょう。

2つ目は日焼けです。
夏は紫外線が強い季節ですから、日焼け止めクリームなどを使っている人は多いと思います。でも、朝に塗った日焼け止めクリームは夕方までは持ちません。朝に日焼け止めクリームをしっかり塗ったからといって安心しているといつの間にか日焼けをしてしまうことになります。
日焼けをすると、肌の老化やシミ、
そばかすの原因になりますし、皮膚がんを引き起こす可能性もあるので日焼け止めクリームはこまめに塗りなおすようにしましょう。
日焼け止めの効果は2~3時間しかもたないので、2~3時間ごとには塗りなおすといいそうです。

3つ目は冷たいものを食べすぎることです。
夏になると、毎日のように冷たいビールやかき氷、アイスクリームなどを食べていませんか?冷たいものを食べすぎると、胃腸が冷えてしまい、胃腸の機能が低下しますので、食欲不振になり、夏バテを引き起こしてしまいます。「食欲がないから」と冷たいジュースやかき氷ばかり食べていると、夏バテが治るどころか、どんどん悪化してしまうんです。

みなさんはこの3つについてどうでしたか?今年の夏は気をつけてすごしましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝