かもしか通信

院長日記

S-UP 3月11日


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

今日は東日本大震災からちょうど5年目になります。
当日この辺はそれほどの大災害が起きているのを気付かずにいました。
報道を見聞しすごい驚きを感じた事を思い出します。
この2日間元の冬に逆戻りしたように雪が降り木々には雪が乗って桜の開花前に一斉に白い花が咲いたような景色になりました。

気温も先日とは言って変わってかなり冷えています。

今日のS-UPは「ワイルドでマイルドな班」が担当で行われました。
まず久保田マネージャーから「歯科スタッフのマナーと実践マニュアルのまとめ」で発表されました。
信頼される歯科医院にする為に感じの良い対応をするようにするには
・ていねいで親切な対応
・患者さんを思いやる気持ちを持つ
・スタッフの態度ひとつでその歯科医院の信頼できるかどうかのイメージが決まる。

その患者さんはどんなところを見ているかというと
・仕事の態度・言葉使い・電話対応・院内の印象・ポスターやインテリアです。

身だしなみは制服はいつもきれいにし髪の毛は黒いゴムかシュシュでまとめる。爪は短く清潔に、靴はこまめに汚れを落としかかとを踏まない。など細かく指導してくださいました。
これを参考に更に質の良いサービスを提供しようと思っています。素晴らしい発表ありがとう。

小口技工士から「ラボ見学報告とバイトについて」のお話がありました。
先々週小口・山岸技工士と共に諏訪のラボ見学に行ってきました。
そこはCAD/CAMのスキャナーが入っていて、その実際を知りたくて行きました。
快く迎えて頂き現状について詳しくお話を聞くことが出来ました。
想像していた以上にCAD/CAMはかなりの技術と時間が必要であることが判りました。お忙しい中対応して頂いて深く感謝します。ありがとうございました。

青栁先生から、日本インプラント臨床研究会において発表される「下顎片側遊離端欠損に対してインプラント治療を行った症例」を聞かせて頂きました。
学会発表の仕方、注意点を含めて素晴らしいアドバイスを沢山いただきました。

10分間の発表との事ですが、必ず試験は突破することと思います。
専修医になって更なる後輩を導いて頂けるものと期待しています。

原衛生士さんから「リスク部位へのアプローチ~THPを通して学んだこと」のテーマで発表されました。
7月7日に予定されているT-methodの発表会に鴨居歯科医院の代表として報告する予演会になりました。
素晴らしい結果を出した報告に改めて原さんのスキルを努力に対して感動しました。
本番までブラッシュアップして参加者にも感動を与えるでしょう。期待しています。

今日も発表後、各職種がテーブルに分かれてそれぞれの意見交換をしカイゼン点、提案が出ました。
素晴らしいスタッフの皆さんに感謝します。ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝