かもしか通信

スタッフ日記

冬の乾燥肌を加速させるNG習慣


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの田崎綾佳です。

徐々に寒さが厳しくなってくるこれからの季節。乾燥対策をはじめた方も多いのではないでしょうか?

乾燥対策といえば、保湿クリームなど外側からのケアが主ですが、生活習慣を改善することでケアできることもあるんですよ。そこで今回は、冬の肌乾燥を防ぐべく、ついついやってしまう「NG生活習慣」を紹介したいと思います。

NG習慣1:ファストフードやジャンクフードの食べ過ぎ

外に出るのが億劫な冬は、お家にあるカップラーメンで…、という方は注意が必要。ファストフードやジャンクフードばかり食べていると、栄養が偏り、「ビタミン」や「たんぱく質」など、お肌に必要な栄養素が足りなくなることが多いのです。

健康的な肌を保つためには、日頃からバランスのよい食事を心がけておく必要があるということです。ファストフードやジャンクフードを食べる時には、サラダや魚など、新鮮な食材も一緒に摂るよう心がけてくださいね。

NG習慣2:睡眠不足

正常な表皮は約28日で生まれ変わるといわれており、この表皮の生まれ変わりを「ターンオーバー」と呼びます。若々しい新鮮な肌をキープするのに欠かせないターンオーバーに一役買っているのが、睡眠中にしか分泌されない「成長ホルモン」です。

肌の細胞分裂は成長ホルモンによって促されるため、睡眠時間が足りていないと、肌の保湿に関係するセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が不足し、肌のうるおいやハリが失われてしまうのです。「睡眠に勝る美容液はない」と言いますが、まさしくその通り!

NG習慣3:身体の洗いすぎや高温の風呂

体が冷えている冬は、お風呂にじっくりゆっくり入る方が多いかと思います。しかし、冷えたカラダを暖めようと熱めのお風呂に入るのは乾燥の原因に…。

その理由は、肌を覆う皮脂膜にあります。皮脂膜は角質層の上にある、肌の上のうるおいベールのような存在で、「皮表脂質(油分)」と「汗(水分)」からできています。熱いお湯は肌を覆う皮脂を必要以上に落としてしまい、角質層がほぼむき出しの状態に。そうなると、お風呂上がりの火照りによって肌の水分が蒸発してしまい、肌の乾燥を招いてしまうのです。

なので、お風呂から上がる前にクリームを塗ったり、お風呂から上がるのとほぼ同時にカラダを保湿するなど、落ちてしまった皮脂膜の代わりに肌を保護するようにしましょう。また、入浴後は多量の汗によって体内の水分も不足していますので、飲み物での水分補給も忘れずに行ってくださいね。

乾燥対策は、スキンケアはもちろんのこと、普段の生活習慣も重要になってきます。カサカサ肌に悩む前に、今からできる事をはじめてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝