かもしか通信

スタッフ日記

フロスの大切さ


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科技工士の宮嶋 直也です。

皆さんは歯を磨く時に一緒にフロスをやっているでしょうか。フロスにはとても重要な役割があるので紹介したいと思います。

デンタルフロスを使うと歯垢除去率が約80%までアッ  プする

歯ブラシのみでの歯垢除去率を調べてみると約61%しか歯垢を除去することができていないのです。
歯ブラシだけではなく、デンタルフロスを正しく使って併用することで歯垢除去率は約80%にぐんと上がるんです。

しっかり歯を磨いていてもなんと61%しか歯垢はとれていないのにはびっくりですね。歯と歯の間にも歯垢は沢山たまっているという事ですね。

虫歯の90%が歯と歯の間から発生します。この虫歯の発生しやすい歯と歯の間は、歯ブラシでは磨きにくいのです。デンタルフロスの習慣がない人はいつも歯の間だけ汚れが残ってしまうので虫歯が進行していきます。

歯垢1mg中の細菌の数はなんと約10億個あるらしいです。これだけの菌があるなんて恐ろしいです。

皆さんも歯ブラシとフロスでお口の中の健康を保ちたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝