かもしか通信

院長日記

4月24日S-UP


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

久しぶりに好天気に恵まれ、家の中にいるより外に出たほうが良いまさに五月晴れという日になり、気温もグングン上がりました。
今日のS-UPは外と同じ温かみを感じる発表が沢山ありました。

まず新人の野口可奈子衛生士さんのユーモア溢れる自己紹介があり将来の歯科界を担う資質を持っていると感じさせられました。

名前の由来が神奈川県で生まれたから“カナコ”とした。字はそのままではいけないと思って今の可奈子を付けた。かわいがっている猫の「タバ」とは、成長したら高い値がついてお金の束が入ってくるかもしれないので「タバ」としたという説明でした。人の心を和ませる発表でした。
小中高校と専門学校でもそれぞれ頑張ってきた事が分かり、温かい愛媛県からおばあちゃんが塩尻に住んでいるという事で当院を選択して頂き、嬉しい内容でした。

次いで松橋技工士から「歯科技工士」というテーマで発表がありました。
「歯科技工士の仕事」「歯科技工士の現状」「どうすべきか」の3つに分けて具体的に話されました。
現状は厳しいですが、これからはどうすべきか・・・簡単なことです・・・
「頑張ればいいんです」
と熱く語り夢を述べました。これからの活躍が楽しみです。

高砂デンタルマネージャーから「IPガイド発注」について話があり、現在使われているストローマンの分析ソフトの具体的な使い方、入力方法、ガイドの注文方法、指示書の書き方、ガイドの使い方、インプラントの注文、データの管理方法をきめ細かく説明がありました。
インプラント成功の必須ガイドですので、みんなでしっかり覚えていきます。

宮本衛生士から「THPの施術を受けて」のテーマで発表がありました。
自分が患者さん役になりTHPの流れに沿って、検査、THPコンサルを受けての実践体験談でした。
検査の結果とハリゾンの使用、ペリオプロテクトを実際にやってその結果が著明に出たことに感動していました。

・ 自分が思っていたより口腔内のリスクが高く驚いた。
・ 位相差顕微鏡でかなりモチベーションが上がった。
・ 施術後が気持ちよかった。
・ 患者さんの納得してもらえる説明が必要。
との感想でした。

田崎デンタルマネージャーは「TCセミナー第2回まとめ」を発表しました。
セカンドカウンセリングを行う3つの理由として
①口腔内の現状を知ってもらう。
②定期検診に移行しやすくなる。
③医院との関係性が更に構築しやすくなる。
更に補綴カウンセリングの重要性について話されました。
研修に出て実践しドンドン力をつけて役割をしっかり行っていただけることを期待しています。
今回も素晴らしい内容の濃い発表にスタッフの皆さんの努力と能力を感じました。
これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝