かもしか通信

スタッフ日記

お花見


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの熊谷綾乃です。

丸山さんのブログにもありましたが、国宝松本城で夜桜のライトアップが行われているので、早速行ってきました♪

とても綺麗で、日本の四季は美しいと感じました。
長野県では、やっとお花見日和になってきましたね。
そこで、お花見の起源を調べてみました!

花見の始まりは、奈良時代に中国から伝来した梅を鑑賞する貴族の行事が起源だと言われています。
「万葉集」には桜より梅に関する歌のほうが多く詠まれています。
それが平安時代以降、梅よりも桜の花見が主流になったようです。

豊臣秀吉も「醍醐の花見」と呼ばれる大規模な花見を催しました。
花見が庶民の行楽として広まっていったのは江戸時代で、八代将軍徳川吉宗は、隅田川堤や飛鳥山など江戸の各地に桜の植樹を盛んに行い、花見を奨励しました。
川沿いに桜を植えるのは、多くの花見客を集め地盤を踏み固める効果を狙ったものだとも言われています。

中々晴れ間が少ないですが、晴れた日にはお花見を楽しみたいと思います(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝