かもしか通信

院長日記

11月28日 S-UP


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

この所不順な天候が続き爽やか信州の青空が見られません。

先般は22日の長野県北部が震源地の地震があり、突然の揺れにビックリしましたが、被害は殆んどありませんでした。しかし白馬村・小谷村にはかなりの被害が出ましたので、冬に向かって早い修復を願っています。

さて今日のS-UPは「思いやりのパス」班が担当でした。
まず中嶋衛生士から「口腔内写真について」のお話がありました。
日々の診療の中でドキュメントは大切です。特に口腔内写真は現状から将来への変化を見るにはいろんな気付きを与えてくれます。
患者さんは歯の正面を鏡で見るくらいで、口の中の奥の状態、裏側からの歯の状況等は初めて見る方が殆んどです。
写真に写った状態を見ながらこれからの口の中のカイゼン、維持について話し合う貴重な資料となります。
殆んどのスタッフの皆さんには口腔内写真を撮ることが出来ますが、今までは5枚が中心でしたが、これからは更に精査する為に12枚を撮る事にしました。
その手順、方法、内容についてきめ細かく説明があり、みんなでルールを決めて撮影の順番、撮った写真の管理方法も今までとは違ったデンタルXを用いて行うことにしました。
みんながスムースにできるよう規格されたスタイルにします。中嶋さんありがとう。

次いで順子先生、吉沢マネージャーから「自己分析“エゴグラム”」をやりました。
エゴグラムは交流分析を用いた性格診断テストです。
何年か前に行ったことがありますのが久し振りに全員で行ってみました。

5つの項目に10個ずつの質問に短時間に答え、点数をつけてグラフ化すると、いろんなタイプに分類されます。
スタッフの皆さんは10タイプに分かれいろんな性格の人がいる事が判りました。
円満タイプ、合理的タイプ、自己犠牲タイプ、自己主張、葛藤、かんしゃく、苦悩、明朗、、ワンマン、人頼みタイプと別れました。
まさにその通りと思える人、意外に感じた人それぞれ楽しい分析結果でした。
それぞれが良い個体を発揮し、チームワークを強め良い組織にして“すべては患者さんのために!”「医は仁なり」「おもてなしい」を発揮していきます。

S-UP終了時には全員で集合写真を撮りました。
素晴らしい笑顔にあふれた良い写真です。
鴨居歯科医院の現状を映しています。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝