かもしか通信

スタッフ日記

心地よい眠りを


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの北澤美穂です。

まだ7月にも関わらずとても暑い日が続いていますね。地球温暖化の影響で最高気温が35℃以上の猛暑日や、夜になっても気温が25℃より下がらない熱帯夜の増加しています。

過ごしにくい日々は体への負担は大きいです。そんな時、暑さからくる食欲不振、冷房による冷え、睡眠不足などが続くと、夏バテは加速してしまいます。

今回は、「睡眠」についてご紹介します。

睡眠は疲れを回復させるための、大切な時間です。人は眠っている間に新陳代謝が活発になり、ダメージを受けた細胞が再生されて元気を取り戻します。しかムシムシとした熱帯夜が続くと、何度も目が覚めてしまいがちです。イライラが募り眠れなくなってしまいます。少しでも快適な睡眠がとれるよう、室内の環境を整えることが大切です。

寝苦しく感じるのは、室温よりも湿度の影響が大きいとされます。冷房の設定温度を下げるより、除湿機能を上手に使いましょう。

つづいて、寝れる生活習慣を紹介します。

[寝れる生活習慣]
①朝の光を浴びる
朝の光には体内時計をリセットする作用があります。、浴びると1日のリズムが整い、夜にきちんと眠気を感じるようになります。

②寝る3時間前までに食事をする
食べてすぐ眠ると、胃の消化活動が活発になって体が休めず、深く眠ることが出来ません。

③シャワーだけでなく、湯船でゆったり
ぬるめのお湯に浸かると、副交感神経がはたらいて熟睡しやすくなります。

④寝る前のテレビやインターネット、携帯は止めましょう
夜間の光は交感神経を活発にさせ、寝付けなくなってしまいます。

⑤寝酒は控える
飲酒は睡眠を浅くします。お酒は寝る4時間くらい前までに切り上げましょう。

暑さストレスを解消し、心地よく眠れるよう、工夫してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝