かもしか通信

院長日記

引き継ぎと復習


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

3月末になるといろんな引き継ぎが行われます。
歯科医師会も、日本歯科医師会、長野県歯科医師会、塩筑歯科医師会とそれぞれ引き継ぎが行われています。
Topの選出には選挙のよる方法、互選によったり、推薦、自薦等いろいろな選出方法はありますが、それぞれ組織の規定によって行われます。
組織はトップの考え方、運営方針によって様相は変化しますが、組織の目的意識は余り変わらない事がほとんどです。
「不連続の連続」というのが、継承の要となります。
長期に渡りTopが組織を維持するとしても、多くは30~40年が平均となり短期間は一年ごとに変わる組織もあります。
どちらにもメリット、デメリットがありますが、それぞれの組織内容によって異なります。

歯科医師会は原則2年で交代しますが、何期も続く場合もあります。
所属する歯科医師会は今回2年一期で交代することになり、執行部が熱意をもって任期中各々役割分担を自覚し活躍してきました。就任当初は不安気であった理事役員も、2年経つとそれぞれ役割を自覚し、自信に満ちて一回り大きく成長した姿を見ることが出来ます。
「立場が人を創る」と言われますが、客観的に観察しているとその事が良く判ります。
今後の歯科医師会は引き継いだ人が更なる向上をし、人格を磨き更なる良い組織に指導していくものと確信しています。頑張ってください。期待しています。

鴨居歯科医院も来年で40周年を迎えます。一つの区切り化と思えます。
後継者決まりましたが、まだ海外研修の為就学中でもあり、しばらく今の体制で維持発展に努力していく決意です。その協力者として素晴しいスタッフが活躍しています。

今日のS―UPも先週、鴨居歯科医院研修室で開催された“吉野真由美セミナー”を振り返り「わくわく楽しい三原組チーム」が「吉野真由美先生から学んだ事を活かす!」というテーマで行われました。

感動をしたセミナーでも、1週間経つと70%以上は忘れてします事が多く、更に実行するとなると10%位の事が平均です。
しかし復習することによって70%は思い出し実行率も増加します。その為に今回の内容は実に有効な時間となりました。
スタッフ全員から素晴しいレポート提出もありました。更に今回復習研修もして吉野真由美さんから学んだことを素直に受け入れて実践していこうという姿勢に感動します。
特にお互いにトーク事例を考え発表し合ってもいましたが、実践向きであり有意義でした。

歯科医師会の会員の皆さんの意気込み、鴨居歯科医院スタッフの熱意にエネルギーを頂きました。ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝