かもしか通信

スタッフ日記

たばこ


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院・鴨居インプラント審美サロン 歯科医師の渡辺 正哉です。

みなさんは、スモーカーですかそれともノンスモーカーですか!?
当院では、問診表に「喫煙する」のチェックがついている患者さんに禁煙指導をしています。

百害あって一利なしといえば、タバコの代名詞ではないでしょうか。

今回は、タバコと歯についてまとめてみたいと思います。

①スモーカーズフェイス

タバコを吸う人特有の顔つきを「スモーカーズフェイス」といいます。
年齢に比較し、

1、しわが多い。
2、しみや吹き出物などの肌のトラブルが多い。
3、唇や歯肉が不健康に黒ずみがある。
4、歯の表面へのヤニの着色が目立つ。

1本のタバコを吸うと、ビタミンCの1日の必要量の約半分が使われてしまいます。
どんなに配慮した食事や果物摂取をしても、皮膚細胞の老化に追いつきません。
喫煙は、美肌や健康的な歯肉の色の大敵です。

②喫煙による健康被害

口臭  → ヤニと煙の特有な臭いがします。

着色  →歯や歯肉が喫煙者特有のものになります。

歯周病 →歯周病を悪化させる要因です。
      進行を促進し、重症化させます。また治療に                 よって改善しても、再発しやすくします。

がん  →喫煙者は、口腔や咽頭がんの発生率が非喫                 煙者の3倍です。咽頭がんでは、何と32.5倍です。

・・・と挙げればキリがないのですが、タバコにはメリットがありません。

どうしてもタバコをやめられないという人は↓をクリック

http://www.nicorette-j.com/?banner_id=sove_all

タバコをやめることによって、健康色の歯茎とお口の爽快感を獲得できます。
スモーカーの方は歯科医院通院を機会に禁煙をしてみてはいかが。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝