かもしか通信

院長日記

第32回木鶏会


みなさん、こんにちは!

長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院

鴨居インプラント審美サロン 院長の鴨居弘樹です。

 

今朝は朝パラパラと雪が舞いましたが、暖かい日ですぐに溶けてしまいました。 空気は澄んでおいしく、元気がもらえて楽しくウォーキングして来ました。

第32回を迎えた「院内木鶏会」はいつもより盛り上がり、 今月のテーマ「自立自助」に沿った素晴らしい感想文が発表されて多くの気づきと学びがありました。

改めて素晴らしいスタッフの皆さんに囲まれて診療しているのだと実感しました。

2020年9月12日の全国大会での発表も大いに期待できると確信しました。

いつもの様に私の感想文を載せます。ご笑読下さい。

スマイルズ「自助論」の訓え 斉藤隆 尾崎元親

江戸時代から明治時代によって猛烈な勢いで近代化に成功した要素に優れた指導者が沢山いた。

その人々に福沢諭吉の「学問のすすめ」と「自助論」が二大ベストセラーになって多くの影響を与えた 。

「自助論」はスマイルズの著であるが中村正直が「西国立志編」と改題したのもヒットの理由と言う。 自助論の冒頭にある「天は自ら助くる者を助く」の言葉がインパクトになっていた。

情報化時代の現代を生きるには情報に振り回されず、自分の考え方を確立することが大切である。

そんな中で出会いと感動が人生の方向を決めていくことが多い。特に、言葉との出会いは大きい。 読書によって得られた言葉を指針として考えるのが大事である。今月号も多くの出会いがあった。

人生には運が左右するが

「運は則ち天祐なり、天祐は常に道を正して待つべし」

「最高の教育は日々の生活と仕事の中にある」

真に”仕事と思うな人生と思え!”である。

「一日15分の使い道が人生の明暗を分ける」

も響いた。 時間を大切にし、無駄にしないと改めて自分に言い聞かせた。

今を生きることが大事であるが、それには自律すること、一人ひとりが自律に相手を思いやることができれば心豊かな和やかな社会になる。

2020年は「笑顔と感謝」をメインテーマにして医院が目指す「世界一笑顔とありがとうが溢れる上質な歯科医院」にするよう一つひとつを確実に実践して縁ある人を物心両面の豊かさと幸せを実現する覚悟である。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝