かもしか通信

院長日記

第40回社内木鶏会


長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院

鴨居インプラント審美サロン 院長の鴨居弘樹です。

連日猛暑日が続き熱中症の患者さんが各地で出てコロナと共に多くの人が不安な日々を送っています。
このところ信州では朝夕涼しさが肌に寒い虫の鳴き声に秋の風情を感じています。 朝のウォーキングは心地よく夜明け前の朝焼けが真赤であったり黄色であったり日々の変化も楽しみです。

今日のSーupミーティングは第40回を迎えた社内木鶏会でした。

前回までZoom形式で各部屋に各職種別に行っていました。 今日は一つの研修室で行いました。
やはり画像で見るより実物にダイレクトに話される方が迫力があり説明力もありました。

各人の素晴らしい感想文は鴨居歯科医院のホームページスタッフ日記に載りますのでお読み下さい。 感動する文章に出会います。


私の感想文を載せますのでご笑読下さい。


芸道は無窮なり「この道一筋に生きて」
                  狂言師 野村萬


90歳(卒寿)を迎え狂言師一筋に生き人間国宝に認定された野村萬さんの生き方に共感しました

4歳初舞台に立ち、7代目を継承する迄おじいちゃんお父さんの激しい稽古に育てられ今があり、100歳まで舞台に立つのだという意気込みに感動しました」。

私も歯科医師として生涯現役を目指して尊敬する日野原重明先生を超える106歳まで生き抜く事を目標にしています。

恩師に歯科医師は技術者だけでなく、科学者でもあり芸術家であるべきだと教わり、その言葉が今も心の中に生きています。

鴨居歯科医院を人生劇場の舞台だと考え、歯科医師として身に着けた芸を輝きを増して表現し来場した患者さんに対しいかに感動してもらい評価してもらえるか日々考えています。

「技術と人間性が相俟って芸になる」という言葉に重みを感じ、技術の向上を常に習得し、人間力もつけて、品格のある役割を演じ続ける努力をしていくのだという覚悟をしました。

鴨居歯科医院の舞台に立っているスタッフの皆さんがそれぞれの役割を演じきって患者さんに拍手喝采を頂くには優れた脚本と演出をチーム一丸となって考えトレーニングをし、「世界一笑顔とありがとうが溢れる上質な歯科医院!」を目指します。

そして、1年後の社内木鶏会全国大会の舞台で感動が得られるよう努力していきます。

人間は切磋琢磨して輝き、徳の高い人間になるといいます。 生涯現役、生涯健康、生涯修行、生涯情熱、生涯挑戦を人生理念として精進していくという強い決意をしました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝