かもしか通信

スタッフ日記

9月号知致:『自分発信で人生を開く』読後感想


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科技工士の三溝 恒幸です。

私たち鴨居歯科医院スタッフ一同はひと月に一回の社内木鶏会を通して、来院くださる患者様により一層ご満足の頂ける医療を提供させていただける人間性を培いたいと考えております。そして、その感想文をブログとして掲載しますので、ご笑読いただければ幸いです。

今回、私が読ませていただいた記事は松村大輔氏の「自分発信で人生を開く」である。氏は、量子力学をベースに「自分発振」による脳力開発を提唱し、脳力開発塾「開華」を設立した。それによると意識や感情は量子単位での振動を持ち、波を飛ばしている。感情の種類により異なる振動を持つので、こちらの波長と相手の波長が合えばより増幅された感情となって帰ってくるというのである。例えば「親の愛が欲しい」、「旦那に愛されたい」、「社長に認めてもらいたい」といった充たされない思いを発振している限り、同じような低い周波数のエネルギーが共鳴して返ってくるから苦しいのだという。
しかし、現実の世界では、辛いことも悲しいことも、そして不安なこともどんどん押し寄せてくる。そのたびに、「何でこうなるんだ」とか、「もっとこう出来ないのか」、あるいは「この先やって行かれるのだろうか」といったネガティブな感情が沸き上がってしまう。そんな時には、どんな些細なことでもいいので、その日に自分がやったことを日記で褒める「自分ほめ日記」がいいそうだ。世界の平和を得るためには、まず自分の心が平和になることである。よい意識を家庭や社会に発振する人が増えていけば、地球は自ずと平和になっていくとおっしゃっている。鴨居歯科医院の職場は、戦場という戦いや争いの場ではない。観客に笑顔と感謝を届ける協調の舞台である。
なので、何か煩わしいことを頼まれても「うるさいな」で返すのではなく、「はい、分かりました」と受け止めることはスタッフ全員ができていることのように思う。しかし、その了解を、いかに愛で返せるか。そんな、人のために尽くすことを喜びと実感できる自分になれるよう、人間を磨いていきたいと思った。ポジティブでもなく、ネガティブでもない、ただただありがたいというゼロポイントフィールドの境地に立てるよう自己を磨いていきたい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝