かもしか通信

スタッフ日記

北村真民と相田みつをの言葉力


長野県塩尻市鴨居歯科医院     

鴨居インプラント審美サロン

デンタルマネージャーの佐藤奈々子です。

最近すっかり秋めいてきたかと思うと30度の夏日があったり、寒暖差が激しく体がついていけていない私です。皆様はいかがお過ごしですか?

さて、先月末の木鶏会で発表した感想文を載せたいと思います。

「言葉が持つ力」それは私自身今までの人生において痛感しています。言葉には強烈な力があると言う事。 言葉によってどれ程人生を動かされる事か。

私が初めて相田みつをさんの作品に出会ったのは確か高校生だったように記憶しています。尖っていた私の心を少しまるくしてくれた事もありました。 心に響いた詩をノートに書き写し涙した事もありました。                    何度か口にしていますが、言葉は時に救いとなり、時に凶器にもなる。使い方を間違えれば相手を深く傷付けてしまったり、逆に傷付いて落ち込む時もある。でも、相手を思い、愛のある言葉、魂のこもった言葉は人を動かし救う事が出来る。      私も言葉の力で傷付いた事も救われた事も多々あります。その中で、今でも心に残っている友人の言葉があります。それは、20代半ば過ぎ、とても辛い出来事があり、自暴自棄になっていた私に、毎日のように会っていた友人から1枚のポストカードが届きました。「そろそろ動き出すよ」と印字されたポストカードに「ガンバレ‼︎」と一文だけ書かれていました。その文字を見た瞬間、私の心にその言葉が刺さり大きく心が動かされました。         たった一文、「ガンバレ」と言う言葉に集約された友人の想いが伝わり、本当に嬉しかった事を覚えています。こんなに短い手紙をもらった事も初めてでしたし、毎日のように会っていたのに、わざわざ手紙でもらったという事にも感激でした。     その時初めて言葉とは例え短くても充分相手に伝わるという事を知りました。           場合によっては、「ガンバレ」の言葉が負担になる時もあります。長い文章だから伝わると言う事もあるでしょう。ただ、その当時の私にはその「ガンバレ」の一文が1番心に刺さり、そして深く刻まれ、その言葉のおかげで前に進む事が出来ました。   伝え方は実に難しいと思います。相手によって使い分ける必要もあるかと思います。ただ、私が体感出来たように、その人その人をちゃんと見て、その人に必要な、そしてその人の力になれるような力のある言葉を発信出来たらと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

     

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝