かもしか通信

スタッフ日記

セラミックの歯


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科技工士の増田 隼一です。

 お口の環境に大きく関係してくるものにプラークの話題が出てくる事が良くあります。プラークには付き易い素材とプラークが付き難い素材が有ります。

 口の中に入る人工物、技工物の中でプラークの付き易い素材と付き難い素材が有りますが、プラークの付き易いものから順番を付けると、樹脂(プラスチック)、金属、セラミックの順になります。

 プラークの付き易い付きに難いに関係する一つの要因は素材の持つ硬さに関係が有ります。 なぜ硬さが関係して来るかと言うと、表面の傷の付き易さに関係があります。 始めは表面に傷が無くて綺麗な表面でも、取り扱いによって表面に傷が付いてプラークが付き易くなる事が有ります。

 その様な面からもセラミックは非常に優れていて、仮にセラミックにプラークが付いている様に見えていてもサッっと流せば簡単にプラークを流せ落とせます。技工物の素材によってこんな違いも有ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝