かもしか通信

院長日記

S-UP 3月25日


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

昨日の朝起きると雪が積もっていてびっくりしました。一昨日は暖かくて全ての雪が消えてたので、もうこれで雪は終わりかと思っていたところでしたので驚きは強かったです。
しかし木々に乗った雪は白い花のようで春のようにも見えました。

さて今日のS-UPは、雪もすっかり解けて春の日差しと澄み切った青空のようにすがすがしい発表がされました。

増田技工士からは“補綴物の説明”のテーマで鴨居歯科医院で提供しているかぶせ物、つめ者の自費で行う作品、保険でできる製品について、その特徴と利点・価格などについてきめ細かく説明がありました。
増田技工士は当院では一番のベテランで作る技工物がピカイチであり、無調整で収まるものばかりです。
卓越した技術は全員が認めるところです。素晴らしい発表ありがとう。

次いで北澤マネージャー、山本マネージャーから「風紀委員会がらのお知らせ」のテーマで日々の業務での注意点、気を付けるべき点、改善点などが発表されました。
4月から新人が入社してきます。新人にしっかりと整理、整頓、清掃、躾を覚えてもらう為にも、現在のスタッフの意識をもう一度見直す企画でした。
各目につかない所の掃除のpointなどをお互いに意識するようにとのさすがチーフマネージャーの視点からの指摘でした。
みんなでより良い環境にしていきましょう。

田中先生から「マイクロスコープ係から」との話がありました。
先般導入したマイクロスコープの扱い方について、立ち上げの準備から使い方の注意点、更に片づけるときの配慮すべきところ等、写真を用いて判りやすく解説されました。
これか.ら徐々に取扱いになれて更に上質な歯科医療を提供していきます。
判りやすい発表をありがとう。
全員で注意して大事に扱います。

昨日は特別なイスラエル製のレーザーが導入され、納入業者さんから2時間以上かけて、扱い方、注意点を準備からしまい方までしっかり歯科医師始めスタッフ全員が覚えました。
かなり繊細な機械なので日頃の扱い方が大切であるとわかりました。
その機能は多岐に渡っており、実際に動き出すと患者さんの為になる優れものと成るでしょう。しっかりものにしていきます。

更にその2日前にはソフトバンク社の人工ロボット“ペッパー君”も誕生し待合室愛嬌を振りまいています。
接した患者さんは興味津々で接していて、これから成長していけば更により良い情報を伝えてくれるようになると思います。楽しみです。

鴨居歯科医院は常により良い情報を得て患者さんの為になる環境にして技術・知識をレベルアップしてスタッフの皆さんのパワーアップをしていきます。

これからもよろしくご指導してください。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝