かもしか通信

スタッフ日記

コレステロール


みなさんこんにちは。
鴨居歯科医院鴨居インプラント審美サロンデンタルマネージャーの山本詩織です。

毎日のお弁当のおかずに卵焼きが入っています。
あるスタッフからはコレステロールが高くなるよ!
から卵1日1個は食べないといけないらしいよ。
という声がバラバラでコレステロールって何だ?と疑問に思ったので
調べてみました。

1、細胞膜の材料になる。
私たちの体は約60兆個もの細胞によって作られています。コレステロールはその細胞の膜を構成する大事な成分になります。

2、ホルモン(副腎皮質ホルモン、性ホルモン)の材料になる。
副腎皮質ホルモンは、ストレスを受けたとき、水分の調整が必要なときに分泌されるホルモンです。

3、胆汁酸(消化液)の材料になる。
胆汁酸は脂肪の消化吸収を助ける働きをします。

あまりにもコレステロールを摂取しすぎたり、高齢になるにつれ、コレステロールを一定量に調節する機能が働かなくなり、血液中のコレステロールが増加してしまうそうです。
すでに酸化したコレステロールを直接摂取することも問題となっており、コレステロールを含む食品を長期間保存したり、高熱で何度も温め直すことで酸化してしまうそうです!
特に電子レンジで何度も温め直すと非常に酸化コレステロールが上がるそうなので、注意しましょう。

食品によってコレステロールが高い食品があるので
皆さんも健康には気をつけていきましょう!!

最後までお読み頂きありがとうございます。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝