かもしか通信

スタッフ日記

加湿器


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科技工士の宮嶋 直也です。

最近、空気も乾燥してきて風邪をひきやすくなってきました。
自分の家も部屋が乾燥するので加湿器を置こうか考えている最中です。
そこで今日は加湿器の良い設置場所などについて調べました。

効果

加湿器を使用して適切な湿度をコントロールすることによって、インフルエンザ等のウイルスの活動を抑制、
鼻・のどの乾燥防止、ホコリ等のハウスダストの飛散防止
静電気の発生防止など多くの利点があります。

皆さんは、加湿器はどこに置いているでしょうか?
加湿器にも良い置き場所があるんです!

部屋の中央寄りに置くとよい 

出入口等の近くに設置してしまうと、せっかく加湿をした湿度が逃げて行ってしまいます。
同じ条件で、換気扇の近くに設置するのも同じです。
設置高さは、70~100㎝の高さ(机の上など)が良いそうです。

湿度は温度が低いと高くなり、高くなると低くなる性質があります。
冷たい床に加湿器を設置しますと、加湿器のセンサーが
湿度を高めに設定し、加湿を行いたい床上100cmの所がうまく加湿出来なくなってしまいます。

エアコンの温風が当たらない所

エアコン等の温風の影響を受けると、加湿器本体が暖まり温度センサーに狂いが生じてしまい、加湿能力に影響が出る可能性があります。

加湿器の設置場所に気を付けたいポイントは、例えば、居間などでは椅子やソファーに座っている顔の位置付近の高さで
かつ部屋の中央寄りがベストと言うことになります。

加湿器も調べると奥が深いですね。
皆さんも加湿器を置く時は、ぜひこのやり方を試してみて下さい!

最後までお読み頂きありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝