かもしか通信

スタッフ日記

妊娠中の歯科治療


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科医師の花岡泉です

 先日妊婦さんが、歯に痛みがあり、当院にいらっしゃいました。
妊娠初期の4ケ月までは流産しやすい時期です。この時期は、過度な緊張、長時間にわたる治療、ストレスなどをなるべく避けたほうがいいです。この方のように痛みがある場合は、応急処置にとどめます。
胎児や妊婦への影響を考えて、妊娠中期5~7ヵ月の安定期に治療することが望ましいです。ただし、早産の危険や妊娠中毒、妊娠貧血などの母体異常がみられる場合には、応急処置にとどめておき、出産後に治療します。
レントゲン撮影は、エックス線を口にむけるので、胎児が被ばくする量はぼ0です。当院では防護エプロンを着用しますので、安心です。
局所麻酔は麻酔の量も少量ですし、麻酔を打った場所で分解されてしまうので、胎児に影響はありません。
抗生物質や鎮痛剤などは必要時には、比較的安全に使用できるものを、処方しますが、薬は飲まないにこしたことはありません。

妊娠中はなるべく、歯科治療を行わないですむようにしたいものですね。
本日もありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝