かもしか通信

スタッフ日記

デンタルフロス


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科医師の岡本 文です。

朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。
季節の変わり目ですので、風邪などひかないようにご注意ください。

皆さん、歯と歯の間にものが挟まったときはどうされていますか?

歯ブラシを使いますか?
つまようじを使いますか?
そのままにしていませんか?

歯と歯の間の汚れはそのままにしておくと、むし歯や歯肉炎、口臭などの原因になるので、取り除く必要があります。

しかし、歯ブラシだけでは、歯と歯の間に挟まった汚れを完璧に落とすのは難しいですし、つまようじは、歯茎を傷つける可能性があります。

そこで、オススメはデンタルフロス(糸ようじ)です。

糸を歯と歯の間に通すことで汚れをからめとるのです。

ぜひ、挟まったと感じる部分だけではなく、すべての歯と歯の間にデンタルフロスを使ってみてください。
歯磨きした後のキレイだと思っているお口の中でも、汚れが付いてくるので、ビックリすると思います。

歯と歯の間は、汚れが残りやすく、むし歯になりやすい部分です。
デンタルフロスを毎日の習慣にして、綺麗な歯を守りましょう。

最初は奥歯の間に糸を通すのは難しいかもしれませんが、慣れれば短時間で出来ます。
もし、うまくデンタルフロスを使えない方は、ぜひ歯医者さんに相談に来てください。
使い方のコツなど、一緒に確認してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝