かもしか通信

スタッフ日記

喫煙と歯周病


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科医師の大瀧真太郎です。

最近では喫煙の健康に対する悪影響もだいぶ報道されてきており、歯医者での禁煙指導というのもだいぶ違和感なく聞いていただけるようになってきていると感じます。

喫煙というと肺炎、肺がんなどを思い浮かべる事が多いかもしれませんが、歯周病にも大きな影響を与えます。
その影響としては、

1. 歯肉に酸素や栄養を供給する血管が、タバコのニコチンにより収縮してしまいます。そして、歯肉への栄養が行かなくなり、歯周病の検査においては病気の重症度が 過小評価されてしまいます.

また、歯周病の自覚症状の1つの「歯磨きをして歯茎から血が出る」が、血管の収縮により抑制され、ご自身での発見が遅れてしまいます。

2. 歯周病菌と戦う白血球の機能(免疫能)が低下してしまい、少ない細菌数でも歯周病が発症してしまいます。

3. 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

4 .歯肉を修復するために必要な機能が抑制され、歯周治療に対し反応が悪く直りにくい状態になってしまいます。

(臨床歯周病学会HPより)

歯周病は気付いた時には進行が進み、完治する事ができなくなってしまう病気です。
手遅れになる前に一度歯科医院を受診し、健康に一生自分の歯で咬めるメインテナンスをしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝