かもしか通信

院長日記

7月31日S-UP


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

猛暑到来、温暖化現象でしょうか。信州も日中の暑さは例年厳しくなっています。夜も熱帯夜になりつつあります。そんな日々信州特有の涼感を朝は感じてリフレッシュされます。

さて今日のS-UPは「パイン☆ブリッジ班」が担当でした。
まず熊谷デンタルマネージャーから「最後なので詰め込みました!!」というテーマで熱く語ってくださいました。
熊谷さんは8月で退職しオーストラリアに留学することが決まり今回の発表が鴨居歯科医院での最終講演となりました。
主に受付を担当し、鴨居歯科医院の「顔」であり「司令塔」の役割をしっかり演じきってくださいました。
鴨居歯科医院を卒業するに当たり
「①受付からのお願い」ということで今までの体験の中で緊張し心が折れそうな時もあったが、仲間の助けがあって続けられたとのべました。更に改善すべき点、アドバイスとして何点か挙げて頂き、直ぐに取り入れて今月から実践していきたいと思います。

「②私の今後」としてオーストラリアでは日本語教師として学校で教えられる資格取得試験に突破して日本語を子供達に教えながら自分は英語をマスターしようと挑戦することにしているとのことです。英語をマスターしたら日本で英語の先生として活躍することが念願だったので、目的に向かって頑張ってくることと思います。
日本とオーストラリアで多くの生徒を将来グローバルな人に成るように指導してください。将来楽しみにしています。

次いで北澤美穂マネージャーから、誰からも「気がきく」と言われる」という題で発表されました。

 誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』能町光香さんの本からTTPで学んだ事をシェアしてくださいました。
 いい人、優しい人、頭のいい人とはちょっと違う「気がきく人」は、余計なお世話をせず、感謝と信頼を集めるポイントを押さえている。
気をきかせるとは、自分本位でなく相手の期待以上に事をしてあげる力が気遣いである。大事なのは無意識のちょっとした気づかいができるかである。
相手をリスペクト(尊敬)し、相手を理解、相手の話をじっくり聞く、聞くが9割話すが1割。話の中に「ありがとう」を沢山口に出す。
すると相手から感謝されるようになる。そうすると担当の理解が深まるのです。
心理学を学習している美穂さんらしい素晴らしいレポートでした。ありがとう。

更に原歯科衛生士より「TBIについて」との実習付解説が行われました。
患者さんに歯ブラシの使用方法を伝えるのに鴨居歯科医院として手順方法を統一しておいた方が、金太郎飴と同じように誰が指導しても同じというスタイルに統一しました。
今回は「突っ込み磨き:歯間挿入振動法」を全てのスタッフが各自衛生士さんの指導のもと体験しました。

新たな気づいた人も多くいたようです。自分流でなく基本に戻って今日からTBIに専念していきます。

原さんはじめ衛生士の皆さんありがとう。

今日も充実したS-UPになりました。ありがとう。
明日から新しい月、新たな気持ちで取り組みます。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝