かもしか通信

スタッフ日記

食中毒予防のポイント


みなさんこんにちは!
長野県塩尻市鴨居歯科医院鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの山口葵です。

梅雨に入り、じめじめとしたすっきりしないお天気が続いていますね。
梅雨の時期に心配なことの一つに食中毒があります。
今回はそんな食中毒の予防のポイントについて書きたいと思います。

食中毒は1年中発生しますが、やはり初夏から秋にかけて多くなります。
食中毒を予防するポイントは、細菌をつけず・増やさず・やっつける、この3つです。
具体的な方法はまず、食品に細菌をつけないために手や調理器具はこまめにきれいに洗うことが大切です。
魚や肉など生のものに触ったあとに、果物やお刺し身など直接口に入れるものに触る前には、こまめに手を洗い、使う器具も洗いましょう。
多少の菌がついても、数が増えなければ問題はありません。
冷蔵庫で保存すべきものは、買ってきたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。
低温で管理すれば、細菌は増えることができません。
もちろん、冷蔵庫の中の温度は10度以下というのが前提です。
最後に、十分に加熱することです。
たとえ食品に菌がついていても、しっかり火を通せば菌は死んでしまいます。

ぜひ食中毒予防のポイントを参考にしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝