かもしか通信

健康通信5


みなさん、こんにちは!
鴨居歯科院歯科医師の大瀧真太郎です。

今回は、タバコと歯について情報提供していきたいと思います!よろしくおつきあいください。
こんなご質問いただきました。「歯周病でタバコをやめたほうがいいと言われました。歯とタバコってどういう関係があるんですか?」
また、「インプラントを入れる時、なぜ禁煙しないといけないんですか?」など。
確かに、タバコは、口にくわえるもので、食べたりしないので、一見、関係なさそうですが、実は、深~い関係があるんです!口の中や、歯ぐきっていうのは、体の中でもとっても新陳代謝が良く、なんと5日間で新しい細胞と入れ替わる、と言われているんです!
肌が28日周期、骨は200日周期で入れ替わると言われてますから、それと比べて、口の中はすごく新陳代謝が良いことがわかりますよね!
でも、でも!!タバコを吸うと、歯ぐきの血流がぐんと低下し、代謝も悪くなります。そして、治療効果が低くなり、治りが悪くなるんですね。
また、歯ぐきっていうのは、コラーゲンでできているのですが、喫煙することで、ビタミンCが壊れ、このコラーゲンの生成が抑制されてしまうのです。
そこで、「歯周病をしっかり治したい!」と思ったときには、タバコをやめることが、望ましいと言われているんです。
インプラントを入れた後も「禁煙してくださいね」と言われるのも同じ理由からなんです。
「やめよう、やめよう」と思いながら、なかなか踏ん切りがつかない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、せっかくでしたら、歯の治療をすることをきっかけに、禁煙してみてはいかがでしょうか。

地域のみなさまの美と健康を口の中から守るために、ひきつづき情報をどんどん発信していきたいと思っています!
歯でしっかりかんで健康に生きること、大切にしていきたいですね!
気になることがある方は、お気軽にご相談ください。
このエリアでトップの予防と治療を安心して気持よく受けていただきたい!という思いをこめて、次回も、歯科医師、スタッフ一同心からお待ち申し上げております。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝