かもしか通信

スタッフ日記

歯石ができるしくみ


みなさん、こんにちは!
鴨居歯科、インプラントセンター
歯科医師の青柳恵子です。

今日は春の全国火災予防運動が日本各地で実施されています。身の回りの火の後始末に気を付けましょうね。

今日は歯石ができる仕組みについて書いてみたいと思います。

患者さんは歯石を食べ物の取り残しだと思われている方もいます。

歯石はプラークによってつくられます。プラークとは細菌の固まりで、歯についたプラークはそのうち死んで固くなります。そのプラークの死がいに別のプラークがさらにくっつくことで、徐々に歯石が大きくなっていきます。

ザラザラした歯石の表面には、プラークが付着しやすくなります。細菌の固まりであるプラークは、周囲の歯肉を傷つけたり炎症を起こしたりするので除去しなければなりません。

つまり,歯石をとらないといつまでも炎症は治らないのです。

お口の中を良好な状態に維持するためには定期的なメインテナンスが必要です。

是非、早めに歯科医院にご連絡下さいね(*^_^*)

最後までお読みいただきまして有難うございます。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝