かもしか通信

スタッフ日記

歯ぎしり


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科衛生士の中野千穂です。

最近、朝起きると顎が痛いことがあります。夜、気づかないうちに歯ぎしりをしているようです。
皆さんは食事や会話をするのとき以外で、歯を噛み合わせているでしょうか?
もし、歯を噛み合わせいる場合は、ブラキシズム=歯ぎしりをしているかもしれません。
ブラキシズムの種類は3つあります。
1:グライディング
いわゆる歯ぎしりのことで、ギリギリと音を立てて強く歯をこすり合わせる習癖のことをいいます。就寝中に発生することが多く、歯のすり減りが起こりやすいことが特徴です。
2:クレンチング
上下の歯を強く噛みしめる(食いしばる)習癖のことをいいます。音を立てることがないため、他人の指摘を受けることもないので、症状が出るまで気付きにくいです。
3:タッピング
上下の歯をカチカチと連続的に早く噛み合わせる習癖のことをいいます。

症状としては、歯が浮いたような感じがしたり、顎に痛み、だるさを感じたりします。また、歯や被せ物が欠けたり割れてしまう可能性もあります。

では、ブラキシズムはどうやって治せばいいのでしょうか?
歯科医院で最もよく行われている治療法は、マウスピース(スプリント)です。
夜寝る際にマウスピースを装着することで、歯にかかる負担を軽減させます。
また、噛み合わせを歯科医院で診てもらい、調整してもらうことで、ブラキシズムが改善されます。

歯に違和感を感じたり、起床時に顎が痛いなーと感じたら、もしかしたらブラキシズムかもしれません!
このような症状がありましたら、一度拝見させて下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝