かもしか通信

スタッフ日記

耳を澄ませば・・・


みなさん。こんにちは。

長野県塩尻市の歯科医、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
事務長の三原智郎です。

今日は、歯医者から聞こえてくる、あの甲高い「キュイーン」という音についてお話します。
歯医者さんの苦手方はあの音を挙げられる方もいますが、あの音の出所はどこなのか皆さんご存知でしょうか?

あの「キュイーン」という音は、歯の形などを整える「エアタービン」という器具から出ています。
歯の表面にはエナメル質という、人間の体の部位で最も固いもので出来ています。
このエナメル質を普通の金属で形を整えようにも、文字通り歯が立ちません。

そこで、人工ダイヤモンドをまぶした細い「バー」というドリルのようなものを「エアタービン」の先に付けて、1分間に約40万~50万回転という超高速回転によって、歯の形を整えていきます。
「エアタービン」の先である「ヘッド」の部分には、空気を受けて「バー」を回転させるようにプロペラが仕込んであり、そのプロペラを回す時に風切音が出ます。
それがあのえない「キュイーン」という音の正体です。

実は歯医者さんには「エアタービン」以外にも「エンジン」という道具があるのはご存知でしょうか?

この「エンジン」は電気によってモーターを通してギアを回し、先につけられた「バー」に力に伝え、歯の形を整えます。
「エンジン」からはモーター音はしますがプロペラを使用しておらず「キュイーン」という風切音が出ません。

しかしモーターの限界として回転数に限りがあり、1分間に4万回転程度しか回転数が上がらないので使用する箇所が限られていました。

しかし近年は、持ち手(ハンドピース)の中に増速ギアを組み込み、5倍の速度(1分に20万回転程度)が出せるようになっています。
治療法にもよりますが、先生はこれらの道具の利点を使い分けて、効率よく治療に当たっています。

もし、「キュイーン」という音が聞こえたなら「エアタービン」を使っているんだなぁ・・・など、少し耳を澄まして聞いてみて下さい。
すこし歯医者さんが好きになるかもしれませんよ(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝