かもしか通信

院長日記

熱い想い


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

秋も深まり紅葉も盛りを過ぎましたが、雪が降った山の中腹までの色彩とそれ以下の紅葉のコントラストが夕日に映えて、素晴らしく感動的な情景を見ました。
信州ならではのしかもこの時期この瞬間しか目にすることができないという感じです。
外は寒いのですが、鴨居歯科医院の中はかなりヒートアップしています。
木曜会ワクワクセミナーでの岩渕龍正氏の講演効果で一人ひとりのモチベーションがかなり上がっています。

各人から提出されたセミナーノート及び感想文は、それぞれ素晴らしく改めて鴨居歯科医院スタッフの優秀さを再認識しました。

木曜会の会長としての挨拶として、講演を聴く時の心得を三つお話をしました。
① まず話は白紙の状態で全て初めて聴くことと思って素直に受け取る。そんな事は知っているとかの前に聞いたことがあるとかという意識を捨てて聴く。
② 聴衆が何千人何万人いようとこれから話をする講師は自分一人のために話をしに来たのだという思いで聴く。
③ この話を聞くのはこれが最後だと思って二度と聴くことのできないチャンスだと思ってしっかり聴く。

ほとんど参加者がその様な姿勢で受講していたのが印象的でした。
講演終了後、岩渕龍正氏は「今回の講演はすごく話しやすかった。聴く人の態度がすごく良くて意識の高さを感じた。」という素晴らしいコメントを頂きました。
岩渕氏は「人間は忘れる動物である」だから常にメモをとり、やることを日々決めて書き留める“やること表”を常に作ることをまず薦めました。

知ったことは72時間以内に行動に移すことの大切さも強調されました。
2:8の法則があって、実行に移すのは恐らく2割であるとお話をされましたが、鴨居歯科医院のスタッフは明らかにその法則以上の割合で行動に移していると感じています。

今年の鴨居歯科医院の目標は“Change!”ですが、それを実現する“Chance!”を掴むノウハウをしっかり学びました。
かわる一文字“g″と“c”一字で大きな違いがありますが、クレドテンの6Cの実行が大きな要素となります。見直してみましょう。
いつもいつも気づきを頂いて感謝しています。

今日はS-upミーティングの前に、消防訓練が行われました。消防訓練が終わって寒い外から院内に入ると、その暖かさが感じられます。寒ければ寒いほど、わずかな温もりで生気を取り戻すことができます。
現在の厳しい寒い状況の中で、それぞれの人が熱い想いを持てば全体に良い結果が波及していくでしょう。

ミーティングルームに入り、4つの班に分かれて岩渕効果があるうちにやること表を各自3枚づつ書いて、KJ法で話し合うことにしました。
テーマは「患者さんに感動を与えられること」を各自で考え、その優先順位を“島”ごとに絞って優先順位を決めます。

KJ法を知っている人が鴨居歯科医院には多くいますので、スムースに司会・進行・発表者を決めて進められました。まとめとして各班から発表されましたが、どの班も真剣に討議をして鴨居歯科医院の為に何をしたらよいかと示して下さいました。
これらの意見をまとめてさっそく実践していきます。

素晴らしいスタッフの皆さんとの出逢いに感謝しています。ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝