かもしか通信

院長日記

いいかげん


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市.の歯科医、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長、鴨居弘樹です。

11月2日(日) 朝焼けで真っ赤に染まったさわやか信州の好天日。連休のさ中、新規採用面接試験を行いました。予定した日を急きょ1週間、こちらの都合で繰り上げて心配しましたが、応募者の皆さんすべてが参集して下さいました。

9時からとの予定でしたが、8時に前川事務長は来て、会場づくり進行打ち合わせ等に、せっかくの休日なのに準備して下さいました。感謝します。

8時30分には、応募者の一人が来院し、9時10分前には全員が揃って、6人の皆さんのやる気が伝わって来ました。

今までの面接方法とは異なり、ここに至るまでに医院見学・半日体験をしてからの応募なので、すでにかなり意識の高い人たちなのです。更にパソコン操作が必要条件となっていましたので、試験問題はすべてパソコンにて回答するという、これまで以上のレベルの高い試験となりました。集団討議・Q&A討論などをして、それぞれの皆さんの個性を観察させて頂きました。

甲乙つけがたい優秀な人ばかりで、採用者側としては贅沢な悩みとなっています。

応募者の皆さん、本当にありがとうございました。こちらも学ぶ点が沢山ありました。

夕方、お茶の稽古に行きました。
11月は風炉から炉に変わる「炉開き」となります。風炉とはお湯わ沸かすのに用いる茶釜道具が畳の上に置かれていますが、炉は畳の一部を切り箱形にしたところに、囲炉裏の様な形で湯を沸かす釜が入っています。

風炉と炉によって茶をたてる手順が変わり、道具の扱いも違ってきます。頭の切り換えが必要なのです。炉に変わって、やはり戸惑ったり間違ったりして、記憶のあやふやさを思い知らされます。

この日は、青山俊董先生が指導して下さいました。
相変わらず殺人的なスケジュ-ルの合間ですが、謦咳に接するとエネルギ-が頂けます。心が洗われるお話を聞くことができます。

床の間には「人間の是非一夢の中」と書かれたお軸がかかっていました。良寛さんの七言絶句の第二句ということですが、解決についてはそれぞれ受け取り方が違うと思いますが、‘人間社会の是非善悪はいいかげんなものだよ’と先生は解説しています。

‘いいかげん’も深いですよね。「好い加減」とは広辞苑によれば①よい程あい・適当・ほどほど②条理を尽くさないこと、徹底しないこと、深く考えず無責任なこと③相当・だいぶん・かなり・・・と書かれています。

今日はどんな解釈をすれば良いか。
・・・う~ん、いいかげんの日でした。
充実していましたよ。いろいろな気づきを頂いた秋晴れの一日でした。全てに感謝します。ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝