かもしか通信

院長日記

花のパワ一


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医、鴨居歯科医院・鴨居インプラント
審美サロンの院長、鴨居弘樹です。

「歯医者に来るのはイヤだけど、ここの花を観るのが楽しみで来るんだよ!」と多くの患者さんに言われます。花の心を癒す力はすごいですね。

今朝も明け方4時頃、花を一生懸命活けていた妻の鈴江に思わず「大丈夫か?寝る時間が無いのではないか?!」と言ってしまいました。
「でもね、この花を観るのが楽しみで来るという患者さんがいるとツイツイ時間を忘れてやってしまうの。どんなに疲れていても花を活けていると不思議に疲れないし、むしろ元気を頂けるの。」と言います。

徹夜をして物事に取り組むと、ドッと疲れが顔に出るのですが不思議に生き生きと肌もツヤツヤしている妻の顔をみると、不思議な感動を覚えます。

花を観ていて怒る人はいません。野にある一輪の花にも思わずいとおしい感情が湧き、「豪華」という字にあらわされているように、多くの花は気分を華やかにしてくれます。

花を観るのはいつも楽しいのですが、花の管理は大変ですね。
身近に毎日毎日診療室に飾られた豪華な7つの花瓶と各コ-ナ-の小花で活けた10ヶ所の手入れを朝から晩までの四六時中、日曜祭日もなく心配している姿をみると、本当によくやるなぁと感心します。

日々のこうした努力と熱意が花にも伝わるのでしょう。常に笑顔で接しているスタッフの皆さんの心を癒し、患者さんの痛みを和らげてくれます。

受付カウンタ-に置かれた毎日毎週の花の写真集はすぐに無くなり、携帯で写真を撮っていく患者さんも多く、鴨居歯科医院のパワ-アップに大いに貢献しています。

ホ-ムペ-ジの最初に出ている「花」の写真は毎週変わっていますので注目して下さいね。

「花を奔すれば香は衣に満つ」と言われますが、花を好むと花の好きな人が集まり、花のパワ-を頂いて元気になって、笑顔で帰っていきます。

鴨居歯科医院に来院されたら是非、花を心ゆくまで観賞し花のパワ-を持ちかえって頂きたいと思います。

日頃片時も忘れず花を活かし続けているフラワ-コ-ディネ-タ-の妻 鈴江に心から感謝しています。
ありがとう。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝