かもしか通信

院長日記

マッチング


みなさん こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医 鴨居歯科医院・インプラントセンタ-
院長の鴨居弘樹です。

朝の冷え込みが身にこたえる11月17日(土)東京医科歯科大学歯学部附属病院にて、臨床研修管理委員会と、研修歯科医予定者と協力型臨床研修施設の面談会がありました。
外気は寒かったですが、内では活気のある討論と元気のある希望に満ちた研修予定者との面談に熱い想いが満ちて寒さを忘れていました。

午前中の管理委員会では臨床研修医を受け入れての感想と問題点等を話し合いましたが、各施設から真面目に取り組んでいる臨床研修医の様子が判り、更にこれからより良く育成するにはどのような点を改善すれば良いかの話し合いであり、受け入れ側としても大変参考になりました。

午後から研修歯科医予定者との面談があり、2人1組になって5分間の制限のもとに立ち替わりどんどんと面談をしました。15組の30人と短時間ですが話をした中で感じたことは、すべての人の目がキラキラ輝き,歯科医して独り立ちした後の期待と少しの不安で、将来の歯科医師象を決めるのに影響がある研修施設の状況を詳しく知ろうと意欲的に質問してくる人がほとんどでした。
このような面談の中から、1年間の研修期間のうち6か月を過ごす施設を東京医科歯科大学の協力型施設として登録されている34医療機関の中から一つを選ぶのです。研修予定者と受け入れ側の協力型施設鴨居歯科医院がお互いに相思の感がなければ成立しません。即ち“マッチング”しなければならないのです。

今年は特に力が入ったのは、臨床研修医予定者の中に娘が入っていたので同期となる歯科医予定者はどんな人達なのか、受け入れ側の施設はどのようなところかと確認したいという思いがありました。すごく安心したのは、そのどちらも素晴らしい人であり施設であったということです。
もし鴨居歯科医院とマッチングして6か月の研修をすると決まった人には、我が子と思ってしっかり対応しなければと感じ、現在研修中の諏訪先生にも研修が終わった時、来て良かったという感想が得られるように努力する決意を改めてしました。

11月18日(日)は、東京国際展示場(東京ビックサイト)にて開催されていた「東京デンタルショ-2007」に行き、いろいろ見て触って聞いて来ました。
現在増築中の診療室に導入を考えている、機械・器具・新しい技術・材料等を184社が展示している会場でいろいろ比較検討してきました。広い会場で一日いても回りきれない大きさなので、今回はタ-ゲットを決めて回りました。前日より鴨居歯科医院の主取引業者の㈱ミヤウチ塩尻所長と設計士さんが見ていたのでその様子から効率よく巡回し比較検討することができました。取り入れようとしている機械が、各社一堂に展示してある中で比較するとその違いが判り、直接肌で感じるので、自分の思いと“マッチング”するものを見出し判断決定するのに役立ちます。

今回もいろいろマッチングするものがあり、迷いの中から選択すべきものが明確になってきました。人と人とのマッチング、人と施設とのマッチング、人と機材とのマッチング等いろいろの体験をした2日間.楽しく出来て有意義な2日間でした。
お会いした人・場・時に感謝しています。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝