かもしか通信

スタッフ日記

歯の長生き四原則


みなさん こんにちは
長野県塩尻市の鴨居歯科医院インプラントセンターの
デンタルマネジャーの山田公子です。
今日は、お口の中の話をします。
むし歯は、口の中にいるミュウータンス菌(むし歯菌)という細菌が、
砂糖などの糖分を分解して酸をつくり、その酸が歯を溶かすことが原因。唾液は酸を中和して歯が溶けるのを防いでいる。
これを、前提に 歯の長生き四原則をあげます。
     1、唾液
      口の中の細菌を洗い流し、ミュ-タンス菌の作る酸を
      中和して歯が溶けるのを防ぐ。溶けた歯の表面
      を再石灰化する。
      ・・・よくかんで唾液をたくさん出す。
     2、食習慣
      ミュータンス菌の活動をできるだけ活発にさせない。
      ・・・甘いものは、食後すぐに食べる方がよい。
     3、歯ぐき
      歯ぐきの血流量が減ると細菌に侵されやすくなる
      ・・・喫煙、ストレス、糖尿病に注意
     4、歯みがき
      細菌のかたまりである歯垢をきちんと落とす。
さあ、もっと・・・お口の中のことが知りたくなったでしょう
そういう方は、当院に来院ください。
スタッフ一同あなたのお口の相談にのります。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝