かもしか通信

スタッフ日記

致知感想文


みなさん、こんにちは!  長野県塩尻市鴨居歯科医院 鴨居インプラント審美サロン 歯科衛生士の髙木さなえです。 12月号の致知の感想文を投稿致します。

私達の身近にある、イタリアンレストランのサイゼリヤ。美味しく、リーズナブルに、気軽にイタリア料理が楽しめるサイゼリヤの創業者で会長の、正垣泰彦氏の特集は、リーダーとしての心構えや、成功の法則、正垣会長の素晴らしいお人柄、お母様の教えなど書かれていて、丸覚えしたい位の名言ばかりの内容でした。

サイゼリヤ創業当時の店舗は、立地があまり良くなく、客数も少なかったとのこと。 「うまくいかない、思い通りにならない、それが人生だ。失敗をすることが前提にあり、失敗して、失敗して、失敗して、失敗すると最後は成功に漕ぎ着く。人間は、うまくいくとダメになってしまう。エントロピーの法則(物事は放っておくと、無秩序な状態に向かい、自発的に戻ることはない)と同じで、これでいいと満足したところから進歩はなくなってしまう。」

会長は大学時代、物理学を学んでいて、「量子力学によれば、この世に存在するすべてのものは、エネルギーでできていて、エネルギーとは何かというと、中心がなくみんなと繋がっていて、よりよい調和に向かって永遠に変化し続けている、ただこれだけだ。【俺はすごいだろう】と有頂天になると自己中心になり、こういう人はエネルギーの法則に反するから、落ちぶれていく。」 

困難の多いこの時代に、リーダーとして求められる事とは、の問いに「なぜ困難が起きるかというと、そこには必ず原因がある、多くの人はその原因を人のせい、世の中のせい(あるいはコロナなど)にするが、実際には自分にある。失敗の理由を、他に押しつけていては一歩も前に進めない。原因は自分にあるという考えにした方が建設的だ。自分を変えることはなかなかできないが、うまくいかない原因が自分にあると腹落ちすれば、自分の考え方を変えなければならない。困難な状況に直面すると苦しいけれど、苦しい時しか本当に自分を変えることはできない。 だから、困難や辛い時は自分を変えるチャンス。周りの人をより幸せにできる、会社を大きく成長、発展させるチャンス。困難をそのように捉えるようにすると、いいことも悪いことも、人生で起こることはすべて最高。最悪の時こそ、実は最高である。」

会長のお母様は幼い頃から「自分の目の前に起こる出来事は、よいことも悪いことも全部、自分のためにある」とくり返し仰っていたとのこと。お母様の言葉には重みがあり、助言の通り行動した結果、今日の発展を築きあげられたのだとお母様への思いを述べていて、素晴らしい方だなと思いました。 

経営のトップとして、心掛けてきたことは、「人間は誰でも幸せになりたいと思う。本当の幸せとは何かというと、お金を儲けることでも、地位や名誉を得ることでもなくて、人のために役に立つこと、目の前の人や周りの人と一緒に喜び合えることだ。あくまでも会社や仕事というのは、それを実現するための道具であり、会社や仕事とは心を磨く修業の場。」

「人間は、反省の階段を上がっていくと幸せになれる 日々、反省することが大切」

「自分中心に考えているとうまくいかない、皆に喜んでもらいたいとか、世の中を変えたいとか、自分の利益ではなく、誰かの役に立つことを優先して考えると、結果はよくなる」

「人間というのは、自分を変えることが一番難しい。自分中心に考えているから、すべて人のせいにしてしまう。本当に苦しい時、まさに死中にいる時こそ、自分を変えるチャンス。自分のあり方、考え方が間違っていたと分かれば、自分を変え、活路を見出すことができる」

正垣会長のお言葉が心に刺さりました!      私も心がけながら生きていきたいと思いました!

最後まで、お読みいただきありがとうございました!      

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝