かもしか通信

スタッフ日記

食事の食べる順番と糖の吸収


みなさんこんにちは。
塩尻市にあります、
鴨居歯科医院・鴨居インプラント審美サロン
デンタルマネージャーの田崎綾佳です。

今日は食事の食べる順番と糖の吸収の関係について紹介したいと思います。
自分の健康を考えたときに、仕事をしていて忙しかったりすると、自分の健康をずっと意識しながらの生活は難しいと思います。 ですので、毎日とるいつもの食事のとり方で少しでも健康になれて、さらにダイエットにも効果がある食べ方をしています。

この食べ方は糖の吸収をおさえる食べ方なので、糖尿病の方の食事療法としても用いられているようです。

お腹がすいていると、まずメインになるお肉やお腹が膨れやすいお米などから食べてしまうと、糖を吸収しやすいので、 食べる順番をまずはじめに、野菜から食べます。食事の種類でいうと、サラダや野菜の煮物の野菜から食べていきます。 その次にお味噌汁や納豆、大豆など発酵した食品やスープなどを食べていきます。

お味噌汁などの汁物で少しお腹を膨らせたところで、メイン料理となる肉や魚を食べます。 そして、最後に白米や、麺類などの炭水化物を最後に食べるという食べ方をして食事をとります。

一番糖や多いとされている炭水化物を最後にとるだけで、糖の吸収はかなり抑えられるそうです。 なので、最初に少しずつお腹を膨らませていると、メイン料理を食べる時にはお腹は空腹の状態ではないので メインの物も、少ない量でも満腹感がえられるので、カロリーや油分も抑えることができます。

食べる順番を少しかえるだけでも、糖の吸収も抑えられて、それがなおかつダイエットにも効果があるので、 普段食べている食事で、無理がなく続けられるので、おすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝