かもしか通信

スタッフ日記

ガム


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科医師の岡本 文です。

最近、むし歯予防のガムが販売されているのをみなさんご存知ですか。

普通のガムと何が違うのでしょうか。
いつガムを噛めばいいのでしょうか。

むし歯を防ぐためのガムの上手な活用方法をご紹介しますね。

・糖類を含まないガムを選びましょう 
 (成分分析表の糖類が0gのもの)

 歯に良いガムに甘味料として含まれる糖アルコール(キシリトール、マルチトール、エリスリトールなど)、パラチノース、アスパラテーム、ステビアなどは、むし歯の原因となる酸を作る力が極めて低いとされ、むし歯予防に効果的です。
しかし、そのようなガムの中には、それらに加えて、酸を作りだす力がある糖類(砂糖、ブドウ糖、麦芽糖、水飴、果糖など)も入っている場合があります。
この場合は虫歯になりやすくなりますので、必ず糖類を含まないガムを選ぶように注意しましょう。

・食事の後に5分以上ガムを噛み続けましょう

ガムを噛み続けることにより、唾液の量が増え、歯の浄化作用や再石灰化が期待できます。
食後にガムを噛んだ後は、歯についた汚れを丁寧に落とすようにブラッシングをしましょう。

(歯医者さんネット 参照)

ガムを上手に使って、綺麗な歯をキープしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝