かもしか通信

院長日記

12月26日 S-UP


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の歯科医院、鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
院長の鴨居弘樹です。

2014年最後のS-UPは「ミッケ!!」斑によるものでした。
まず中野衛生士さんから12月21日(日)に開催された「鴨居歯科医院クリスマス会報告」がされました。
毎年恒例行事として定着し参加者が増えつつあります。
スタッフの皆さんも準備設営もテキパキとでき続けることの意義が示されました。

今年度も歯医者さん体験、技工士さん体験、○×クイズによる歯科知識向上、お楽しみのビンゴゲーム、おでんとクリスマスケーキを食べた後の歯磨き等を楽しく行われて好評でした。
参加者のアンケート、感想からもその様子がわかります。一部を紹介します。

———-
・ 子供のころからこのようなイベントに参加できると歯医者さんが身近に感じられてとても良い。
・ とても楽しかったです。ありがとうございました。
・楽しかったですし、子供のむし歯に対する関心が高くなってありがたいです。ありがとうございました。
・ 初めて参加しましたが、楽しい内容でおやつも大満足でした。
・ クリスマス会と歯磨き講習をうまくリンクしていただき、子供も一緒に楽しく学べました。ありがとうございました。
・ 先生方の子供への対応がとても良かったです。今後もぜひこのようなイベントを計画してください。子供も鴨居歯科のファンです♡
・ 楽しみにしていたクリスマス会♡次男坊は風邪で来れず残念でしたがおみやげももらえてよかったです。 毎回イベントは楽しみです。ありがとうございました。
・ いつも参加させていただきありがとうございます。子供は毎回指の型を取るのを楽しみにしていて、成長の証として大切にさせてもらっています。クイズで歯についてとても勉強になり、親子で,良いこと、歯に良くないことを確認させていただくよいきっかけにさせてもらっています。ありがとうございました。
———-

武居衛生士からは「滅菌ガーゼ作りました」が発表されました。
抜歯後の止血に用いるガーゼを家に持って帰る時に適量のガーゼを滅菌パックに入れて、さらに取りやすくする様に切れ込みもつけて渡すというアイデア製品を作ってくださいました。
保管場所も決めてみんなが取りやすできるように考えてくださいました。  ありがとう。
 

松橋技工士から「歯科技工士の仕事」のテーマで発表されました。
“歯科技工士とは”の定義から仕事内容心構えを述べました。
そして具体的には石膏模型の作る過程から製品を作り上げていく工程を写真を用いて分かりやすく説明してくださいました。

「技工士になって良かった。今は楽しい。患者さんの喜んでもらえることが嬉しい。もっと多くの人に技工士になって欲しい。」と感動的な言葉で結んで下さいました。
素晴らしい発表ありがとう。

そして岩渕セミナーベーシックコース第3回第一講座の河合講師の発表の重要を思われるところをみんなで見ました。
大瀧先生、高砂さん、北澤さんと共に千葉先生が準備をして下さいました。

主に全国の歯科医院の優れた事例発表でしたがやはり目から鱗が落ちるような内容が沢山ありました。

鴨居歯科医院で行っている事もありますが、更によりよい工夫対応が見られ、カイゼンすべき所、新規に取り入れるべきところがかなりありました。

スタッフ全員からDVDを見ての感想、当院に生かせることがアンケートとして提出されたので、それを参考に実践していきたいと思います。

鴨居歯科医院は2015年が更により質の高い歯科診療をこの学びから得て目指します。

よいお年をお迎えください。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝