かもしか通信

スタッフ日記

フッ素入り歯磨き粉


みなさん、こんにちは!
長野県塩尻市の鴨居歯科医院
鴨居インプラント審美サロン
歯科医師の岡本 文です。

みなさんは歯医者さんで「フッ素入りの歯磨き粉を使って良く磨いて下さい」と言われたことはありますか?

フッ素入りの歯磨き粉はむし歯予防に大変効果的です。

重要なポイントは、むし歯のリスクが高い部位にフッ素を確実に届けること。

では、具体的にどう使ったらいいのでしょうか?

ここでは、むし歯の予防が積極的に行われている北欧で推奨されている「イエテボリ法」というフッ素の使い方をご紹介します。

イエテボリ法

①湿らせた歯ブラシに1.5g(小児では0.5g)のフッ素入り歯磨剤をつけ、歯列全体にいきわたるように2分間ブラッシングする。
(ブラッシング中は歯磨剤は吐き出さない)

②ブラッシングが終わったら、吐き出さずに少量(約10ml)の水を口に含み、30秒ブクブクうがいをする。

③吐き出した後は水で洗口しない。

④ブラッシング後2時間は飲食しない。

(月刊 歯科衛生士 10月号 参照)

しっかりした量のフッ素を使い、お口の中のフッ素濃度が薄まりすぎないように、ブラッシング後うがいしすぎない事がポイントですね。

フッ素を上手に使ってむし歯のない綺麗な歯を守りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町16-14

0263-52-0118 0263-54-2121

9:00〜18:00 (最終17:30) 休診:日・祝